ダイの大冒険、クロコダインvsアバンの使徒

ワニのおっさんことクロコダイン
アバンの使徒と最初に戦った軍団長である
彼について確認していきます。

スポンサーリンク

■クロコダイン

ハドラーからの連絡を受けるクロコダイン

クロコダインはロモス王国という場所を攻略していたのだが

吹けば飛ぶような腰抜けばかりで強いやつなどいない
だから自ら戦わずとも我が軍団の怪物にまかせておいた
とか言い出し

全部部下にまかせっきりだった

これではザボエラの事を笑えない
自分の力を使わずに、周りの人間を使うだけなのだ

ミストバーンさんに
たまには自分の手足を動かせ」そういわれてしまうほどの失態である

●部下にまかせようとするクロコダイン
義に熱いという設定はどこにいったのか

さらにはダイを始末して欲しいと依頼された際に

冗談はやめてくれ、仮にも俺は獣王やぞ
こんなガキの相手なんて馬鹿らしくてやってられねぇという態度を取る

※もう一度確認するが、クロコダインは裏切らない所が
セールスポイントで義に熱い男、という設定だ

仮にも上司であるハドラーに対して、結構口が悪い

だが、ハドラーに手傷を負わせたという情報を聞き
やるきになったクロコダインはダイを倒すと張り切ります

ちなみに、クロコダインには弱い呪文は通じず
ポップのメラを息だけでかき消すことができた

この技を用いて、バーンのカイザーフェニックスもかき消してくれたら
すごい格好よかったことだろう

※悪いけどおっさんとチウはレベル外だから
そんな事はできないと思うけど

それから、クロコダインさんは一番最初の戦闘描写が
一番派手だったことも忘れてはいけない

●クロコダインの通常攻撃

これは獣王痛恨撃でも何でもなく、ただの通常攻撃である
それがこの威力、クロコダインさん
最初だけはやたら強そうなんですよね

パワーだけならボラボーンさんの2倍
ハドラーよりも上なのだ

その後真空の斧やヒートブレスを行い
ダイをおいつめますが

ポップのヒャド系呪文の弾丸で斧を封じられ
ダイの攻撃で左目を失い、一時撤退します

武人としてのプライドを捨ててでも、ダイを倒したくなった
クロコダインさんは、ザボエラの策略にのり

洗脳したプラス先生を使い、ダイを倒そうとします

ダイのウィークポイントをついてくる、汚い戦略に
マァムも激怒

マァム
「クロコダイン あなたそれでも戦士なの?
誇りだのナンだのいってたからもう少し正々堂々とした男だと思ってたのに
なにが獣王よ 笑わせるな」と言い捨てます

そうなんですよね、クロコダインは強者を求めていて
ロモス王国?はぁん

こんなやつらじゃ弱すぎて俺の相手にならねぇよ
もっと強いやつを連れてこいや

そしたら、この獣王様がじきじきにやってやんよ
という風な事を言っていたと思うのですが

いざ自分の左目をつぶしてくる強敵が現れたら

いけプラスよ ですからね

●プラス先生をけしかける武人がいるらしい

プラス先生を使い、自分も獣王痛恨撃を放つクロコダイン
ダイは圧倒的なピンチに陥るも

途中からやってきたポップが
なんやかんやしたら、ダイが覚醒

クロコダインはロモス城から落ち
命を落とした

クロコダインの亡骸はわざわざ妖魔師団が回収してくれたので
ザボエラの軍団って意外と面倒見はいいんですよね

※この後クロコダインを蘇生液の水槽に入れて完治するまで
面倒みてくれるし

スポンサーリンク