ダイの大冒険 クロコダイン vs 大魔王バーン

ハドラー親衛騎団の闘いでは
シグマの腕をふっとばし、思いのほか活躍した
クロコダインさん

いよいよ大魔王バーンとの闘いを控えることになる

スポンサーリンク

■クロコダインvs大魔王バーン

大魔王バーンはしょっぱなから闘気攻撃を放って
ダイを倒した

バーン
「おやおや肝心の勇者が真っ先にしんでしまったか
これでもう余の体に傷はつけられんな」

クロコダイン
「ダイがこんなにあっさりやられるなんて、もう終わった」

ダイを倒したバーンはメラゾーマではないメラだ の
イベントを淡々とこなし

カイザーフェニックスを放つ

だが、ここでこそクロコダインさんの出番なのだ
みなさんご存知の通り、クロコダインは初期の頃ポップのメラを

咆哮だけでかき消したじっせきがある

クロコダイン
「俺にはメラなんてきかない」

カイザーフェニックスとはいえ、所詮はメラゾーマ
大魔王がネーミングしたメラゾーマにすぎない

ここはワニのおっさんが気合をいれて
かき消してくれると思っていたが

まっさきに防ぎにいったのはヒュンケルだった
こういう時こそクロコダインさんの出番だというのに・・・

カイザーフェニックを2連続で放つバーン
ラスボスは2連続攻撃できるのだ

そしてこのコマを見てもらいたいのだが
クロコダインさんがやけに遠くにいるのだ

●カイザーフェニックスを防ぐヒュンケルと仲間達

マァムはダイを介抱してるし
ポップも魔法で援護しているような感じで
ヒュンケルがメインでカイザーフェニックを防いでいる

ワニのおっさんだけが、俺には関係ないんで
みたいな位置にいるのだ

バラン・・・ギガブレイクで来い!!のイベントでは
真っ先に相手の攻撃を防ぎにいったのに

バーンを前にしてびびってしまったのだろうか?

その後、バーンの通常攻撃で吹っ飛ぶ
クロコダイーーーンである

ブラッディースクライドも片手でとめるし
ほんとこのおじいちゃんやりたい放題だ

~カラミティウォールは防いでくれるクロコダイン~

カイザーフェニックスの時は、俺関係ないよっていう態度だったクロコダインだが
ダイが本当のピンチに陥ってくれたときはたすけてくれる

ヒュンケルもダイの盾になったのだ、盾役NO1のクロコダインも
ここで目立てなくてはいけない

●カラミティウォールを防ぐ

だが、カラミティウォールは防げない
一度放ったこいつは誰にも止められはしないのだ

※ハドラーさんが止めてくれたんですけどね

~クロコダインついに最終決戦に~

vs老バーン戦ではほとんど空気だったクロコダイン
ザボエラというじいさんにはめっぽう強く
いい所でとどめをさした

バーンパレスで闘っているダイ達のもとへ急いだクロコダイン
途中でミストバーンと対戦していいようにやられたが

ヒュンケルさんのおかげで
若返ったバーンの元にたどりついた

だが、大魔王と闘う資格がないものは石にされてしまう
ヒュンケルはミストと戦って疲弊

マァムもミストにやられた上に
いいように使われて疲弊

老師も同様にやられている

ポップさんは

悪いけどおっさんとチウはレベル外って事か
おっさんとチウの間のレベル差自体が相当なものだが
バーンとの差があるって点においちゃかわらねぇもんな・・・と言い捨てます

●クロコダインさんただついてきただけ

クロコダインだってミストと闘って疲弊している!!と思ったのですが
確かにバーンパレスにやってきてからのクロコダインは何もしていない

ミストにふっとばされただけで、ダメージすら与えていないのだ
頼みの綱である獣王激烈掌もノーダメでしたからね

魔王軍幹部だったのに、幹部でないラーハルト以下だと判断された
クロコダインさん

カラミティエンドを防ぐクロコダインさんを見たかった

スポンサーリンク