キャプテン翼、初期の若林くんについて語る

キャプテン翼、SGGK若林君
最初期、小学生時代の彼について確認していきます。

スポンサーリンク

■キャプテン翼、初期の若林君について語る

初期の若林さんは修哲小に通っていたわけなんですが
南葛小との練習試合で10点差をつけてかったので

町のサッカー場を独占して修哲小2軍の専用グランドにしようとしていた

若林
オレ達は試合にかったんだ、この場所はオレ達の物だ
みたいに主張していたんですが

なぜ、公共の施設であるサッカー場を独占する権力を
若林さんが持っているのでしょうか?
小学生同士の約束事でそんな事されたらたまりません

石崎は
そんな約束無効だ、こっちは先輩をつれてきたんだ
出て行かないと武力で何とかするぞ と若林を脅します。

若林

「しかたない、それじゃあ勝負しようぜ
中学生の先輩方にひとりずつシュートしてもらおう
ラグビー・ハンドボール種目は何でもいいぜ

おれはペナルティー・エリアの外からなら
 どんなボールでもふせげる自信があるんだ
グランドが欲しければ、おれからボールを奪ってみろ」そういい捨てます

●ペナルティーエリアの外からならOK

でも考えても見たら、これってPK対決なんですよね?
いくらラグビーやハンドボールのボールとはいえ

ペナルティーエリアの外から相手に投げさせたり
蹴らせたりしていました。

逆にペナルティーエリアの中なら、ラグビーボールを
止められない、そう断言しているのと同じ事なんですよね・・・

中からなら俺が負けるだろ!!宣言

そして、この試合のメインである野球部がやってきます。
ペナルティーエリアの外からとはいえ

野球の軟球を投げられたら
さすがにプロでも止められないと思います

※というより、僕が投げてもプロのキーパーから得点できると思う

野球部の先輩も自信満々で

野球部先輩
これが はいらないようじゃ 野球部やめてやるぜ」と約束します。

●約束しちゃいました

そして、結果ですが、見事若林はキャッチ

野球部の先輩は野球部を退部することになりました。

考えてもみたら、野球をやってだめなら退部も仕方ありませんが

野球とはまったく関係ない後輩の尻拭いに失敗しただけで
野球をやめなきゃいけないとは、いくらなんでもひどすぎる

※自分で宣言したとはいえ、これではこの先輩
一生のトラウマになってしまってもおかしくない

~若林、翼くんに興味を持つ~

石崎との茶番の後、翼君が挑戦状としてボールを蹴りこんできたので
翼に興味をもつ、若林

翼と勝負することをきめるのですが

オレに挑戦したければ、こいつらをひとりでぬいてみろ
 おれとの対決はそれからだ」と言い出します。

●ムチャ振りする要求

こいつらとは修哲小の2軍です
この画像を見てもらいたいのですが16人前後です

16人を突破してオレからゴールを奪ってみろ
失敗したらお前は負けだ というとんでもないルールです

もし、この試合を野球部の先輩が観戦していた場合

え?オレはペナルティエリアの外からボール投げてもいいナメプだったのに
小学生のボーイにはこんな厳しい条件なの?

そんだけオレは小学生になめられてたのか・・・若林のファンやめます

みたいなレベルだと思いました。

そして、翼に若林君は点を取られるのですが

こんな勝負でどっちがすぐれたサッカー選手かわかるわけねぇ
決められるのは試合だけ、みたいに言い出しました。

翼君はロベルトのアシストがあったとはいえ
1人で16人を突破して若林からゴールを奪わなければいけない状況です

どう考えても試合よりよっぽど厳しい条件
この時点では間違いなく

大空翼君の方がすぐれたサッカー選手だったと思われます

~続く~

スポンサーリンク