ダイの大冒険、ポップvs竜騎衆

様々な魔法を学び強くなったポップ
竜軍団との対決を控えることとなる

スポンサーリンク

■ポップさん、竜軍団と闘う

~vs竜 団体戦~

フレイザードを倒したポップ一行は
ベンガーナにやってきた

ベンガーナは”最も安全な国”と呼ばれ、軍事、商業ともに発達した王国である
そんな所に、竜の軍団がせめてきた

※最も安全な国とは何だったのか

竜軍団に対し、ポップはマトリフから授かったオリジナル極大呪文
ベタンを放つ

ベタンは大地に眠る精霊の力をかり、敵をおしつぶす技
ドラゴン、5,6体につかい、3分の2以上を一撃で倒した強い呪文

●ベタンさん、初期のポップの最強呪文

ですが、バランさんにはまったく通用しなかった

「ドラゴン数匹をしとめたオレの最大呪文が
足止め程度にしかならねぇなんて」みたいに言ってたが

簡単にベタンそのものを吹き飛ばされてしまったので
足止めにもならなかった

~vs竜騎衆~~

バランさんはダイの記憶を一時封印し
竜騎衆という集団を呼び寄せ、ダイ奪還を目論む

空戦騎 ガルダンディー
海戦騎 ボラホーン
陸戦騎 ラーハルト   の3人組である、3人はバランの部下という集まりである

特にポップにやられることになるガルダンディーさんは
ずいぶん強気です

「くくっ・・・笑止な バランさまにならともかく
魔王軍の軍団長ごときに我ら、竜騎衆がおくれをとるはずなどありません
とか言い出します。

ラーハルトさんが言うならわかるのですが
焼き鳥先輩のこの自信はいったいどこからくるのでしょうか?

~ポップvsガルダンディー~

こりゃもう打つ手なしだぜ
悪ぃけどよ おれはムダしにはごめんだ
一足先にトンズラさせてもらうぜ とポップは言い出し

勇者一行を抜け、単独竜騎衆に戦いを挑みます

さっそくベタンを使うポップ、ドラゴンは軽く倒せたのですが
ガルダンディーはさっそうと空中へよけました

ポップに止めを誘うとするガルダンディーでしたが
自分が飼っているドラゴンはベギラマでやられてしまいました。

ドラゴンの名前はルードと言い
ガルダンディーの無二の親友でした

何を泣いてやがるんだ 鳥やろうが!!

ドブくせぇ人間に煽られてきれたガルダンディーは
魔法力を失わせる白い羽を使いました

●ガルダンディーさん 結構便利な技つかえたんだ

もう一つ赤い羽があるのですがこちらは体力をじわじわ削っていくものです
これはガルダンディーさんの髪の毛から生成されているので
ハゲることを覚悟すれば、相当な数放てます

途中でヒュンケルさんがやってきて、ブラッディースクライドを食らう
ガルダンディーは、羽をもがれて、

ポップの残り魔法力のイオでやられてしまいました。

上記の通り、ガルダンディーの部下であるルードさんは
ベギラマでやられました。

そして、ボラホーンとラーハルト、バランの部下である
竜はベタンでやられています。

肝心のガルダンディーさんはイオでやられたのです

●微妙な呪文でやられる鳥さん

いくら、体内から攻撃をくらわされたら困るとはいえ
そもそも口に手をつっこまれ、イオをされたという事実が問題なのです

これをみていたラーハルトさんは
あんなザコ呪文でやられるとは、竜騎衆のつらよごしよ
みたいに思っていたかもしれません。

ガルダンディーと戦い疲弊したポップは
ヒュンケルに出番をゆずって、休息に入ると思われたのですが

ボラホーンさんがポップを人質にとったので
ラーハルトさんが助けてくれました。

~続く~

スポンサーリンク