ダイの大冒険 ポップ、メドローアを習得する

メラゾーマ十発近いザボエラのマホプラウスでも
オリハルコンの戦士ヒムは倒せなかった

さらに強さを求めるポップはマトリフ師匠の修行のもと
メドローアを習得する

スポンサーリンク

■ポップさん、メドローアを習得する

マトリフさんはいいます炎と氷の呪文を同時に使うのだ と

※ちなみに、ポップさんは今まで一回たりとも同時に呪文
使ったことはないと言ってましたが

フィンガーフレアボムズってメラゾーマを同時に使ってるみたいな
呪文ですよね?あれはノーカンなんでしょうか?

マトリフが一生のうちで数えるほどしか使ってこなかった
危険な呪文メドローアですが

その覚え方はかなり危険です

~メドローアとは~

メラ系呪文と、ヒャド系呪文の違いは、エネルギーが正か負の差だけ

プラス方向に魔法力をグングンあげる物質がメラ系
マイナス方向に下げたものが物質の分子運動をにぶらせるヒャド系

プラスとマイナスの魔法力をスパークさせたエネルギーこそ
すべての物質を消滅させる最強の力

●マトリフさんのメドローア講座

メドローアは二つの呪文を同時にバランスよくスパークさせるのですが
センスのねぇ奴には一生できない

そして、覚え方もめちゃくちゃ危険でした

マトリフ
俺がメドローアをお前にむけて放つ、自分の魔法力を使って相殺するんだ」と

つまり

メドローアにメドローアのエネルギーをぶつけろ

考えても見たら、これはめちゃくちゃ危険です
別にポップに対してメドローアを放つ必要なんて、どこにもないですよね?

例えば、何かのターゲットに向かって同時にメドローアを放つ
そして、メドローアを相殺できれば、ポップがマスターした、という事で
良いのではないでしょうか?

●理想のトレーニング

今回のトレーニングはこんな感じです

●現実のトレーニング

この危険なトレーニングですが、ポップさんは軽くマスター
数時間~数日程度でメドローアを習得しました。

ま・・・こんなトコでしょ・・・!!

ポップ
センスのねぇやつは一生できないっていったけど
軽くマスターっすわ 師匠」みたいな感じでポップは調子に乗っていたかもしれません

~vsハドラー親衛騎団~

ハドラーの部下である、オリハルコンの戦士達がやってきたので
早速ポップは己のメドローアを見せ付けようとする

ノヴァというおまけの勇者がマヒャドで
様子をうかがってくれたので

相手がマホカンタする装備を持っていることに気づいたポップ

獣王がシャハルの鏡を何とかしてくれたので
メドローアを放ちます

●メドローアを放つポップ

このメドローアずいぶん遠くまで届いたみたいですが
もし、メドローアの射程圏内に町とかあったら

ポップさんが消し去ることになるのですが
大丈夫なのでしょうか?心配になります。

そういえば、今までの敵は呪文をはねかえせる人なんて一人もおらなかったのに
なぜかポップが極大消滅呪文を覚えてから、シグマさんがシャハルの鏡を
持ち出すんですよね。

あんな便利なものがあるなら、バーン様は
誰かにシャハルの鏡を持たせておけばよかったのではないでしょうか?

もしくは最初からマホカンタをハドラーあたりに覚えさせれば良いのでは?

バーン様
ハドラーよ、お前がベギラゴンを使えるように強化しておいた
存分に力をみせるがよい」みたいに言ってたのに

マホカンタを覚えさせないなんて・・・戦略ミスとしかいいようがありません

考えても見たら、ハドラーだってマトリフと闘ったことがあるんだから
メドローアの存在を知っていてもおかしくありません

ポップが成長し、マトリフの呪文をマスターしている可能性があったから
急遽シャハルの鏡を作り出したのかもしれませんね

ポップの成長はダイ以上ですからね

スポンサーリンク