ダイの大冒険 ポップvsシグマ

ポップにとって最大の名バトルとなる
ポップvsシグマについてレビューしていきます

スポンサーリンク

■ポップ vs シグマ

シグマ
「君は本当に人間なのか?ゾンビか何か出ないとその不死身
説明がつかん」

ポップ
オレは人間だよ 臆病で弱っちい・・・ただの人間さ

●やたら格好いいポップ

オレは弱いといいながら、それでもオレは負けねぇという自信が
顔から満ち満ちています。そこがいいんですよね

シグマも当然それに気づいていて
手を抜かずに、勝負に勝とうとします

ポップさん曰く

「今までの連中はみんなおれをザコだとあなどってくれていた
そのかげで隙があった」との事ですが

ポップさんが舐められていたのは最初だけだったのを忘れてはいけない

ハドラー⇒アバンのおまけにようはない
クロコダイン⇒ザコにようはない
ガルダンディー⇒どぶくせぇ人間がよぉ

くらいのもので、それ以降ポップさんは相当かわれていた
ハドラーとかキルバーンという作中の大物がポップの強さを認めていましたからね

ハドラーさん曰く
「アバンの使徒は少しほうっておくだけでいつのまに強くなる
倒せるところで倒しておくべきなのだ」

キルバーンさん曰く
「ポップを侮ってはいけない、成長率はダイ以上ですよ」ですからね

シグマの虚をついて、ブラックロッドで攻撃するポップ
シャハルの鏡を弾き飛ばし、シグマを拘束し
とどめをさそうとしたが

シグマは腕を外してライトニングバスターをたたきこみます
イオナズン級のエネルギーを直接たたきこみ

勝利を確信したシグマさんは
その場をあとにしようとします

※私はポップをなめたりしない、こいつは恐ろしい男だ とか言ってたのに

とどめをさしたか確認しないでその場を離れるとは
ポップをなめているとしか思えません

案の定、ポップに回復されてしまいました。

シグマさんはポップが賢者である事に驚き

そっ・・・それはベホマ!!?
自らの手で回復治療していたのか、きみは まさかっ 賢者!!?

みたいな感じでポップをプッシュします
賢者いうてもピンキリでレオナ姫のおつきをしていた
モブみたいな強さの奴らでも賢者だから

!!? と大げさに驚く必要はないと思いますけどね。

この後のポップが格好いんですよね

おれは・・・賢者じゃねぇ・・・賢者なんかじゃねぇ

●賢者ではありません

大魔道師!! そう
おれを呼ぶなら大道魔士とでも呼んでくれっ!!!

ポップはいましたがベホマを覚えたばかりでした
ほとんどの呪文の契約はしていたが、突然さっきできるようになった

オレの魂がよびおこした力なのだ
魂には肉体以上の強さを与える力がある

オリハルコンの戦士という作り物のシグマでさえ、魂の強さを認めていた

魂の強さをみにつけたポップは
メドローアにみせつけたベギラマをはなち、シグマをだまし討ち

メドローアをたたきこみ、勝負に勝利します。

オレの女神はほほえんでなんかくれねぇ
横っ面をひっぱたくんだよ

●シグマの最後

横っ面をはたくという 君の勝利の女神にも
よろ・・・し・・・く

マァムさんはこの時
勝利の女神よばわりされて、内心てれてたんですよね
そこがちょっとかわいかったです。

ポップも、なんだよシグマよけいなこというなよ
マァムにきかれちまっただろ

みたいな得意げな表情してるんですよね
勢いにまかせて、マァムに告白しちゃうし
ポップ、自分に自信持ちすぎだろ

弱っちい人間とは思えない強さですよ

スポンサーリンク