ダイの大冒険、ポップ vs バーン

一般人代表のポップは
史上最強の敵、大魔王バーンに挑む

スポンサーリンク

■ポップvsバーン

~vs老バーン~

バーンはメラを放ってきた
そのメラに対してメラゾーマを放つポップ

だが、ポップのメラゾーマで
大魔王のメラを防ぐことができなかった

ポップがつけている法衣は法術で編みこまれているという設定があり
並みの魔法では燃えたりはしない

メラゾーマを相殺した上で服にまでダメージを与える
大魔王バーンがすごすぎたのだ

●こんなに小さな火の粉なのに、オレのメラゾーマよりも強い

だが、メドローアならあたれば勝てる
というより、大魔王に通じる呪文はメドローアだけなのだ

このメドローアをマホカンタで跳ね返す、大魔王バーン

マトリフ師匠は
マホカンタにゃ気をつけろよ、呪文を跳ね返されるぞ
みたいに言っていたが

ポップはマホカンタの特徴をよく覚えていなかった
なっ・・・なんだっ あの光の壁は

「覚えておくのだな、これがマホカンタだ」

逆にバーン様がマホカンタについてレクチャーしてくれた

後ろにワニのおっさんとダイがいたため
メドローアをよけることができない

相殺したので、もうメドローアを放つだけの魔法力がなくなってしまった

体制をたてなおそうとするポップは、ルーラで逃げをうつが
大魔王からは逃げられない理論で失敗

空中からたたきつけられ、ダイはさらにダメージをおうことになる

マァムが閃華れっこう拳でバーンにダメージを与えたので
いけると思われたが

バーンの茶番でいつでも回復できた
これを見切っていたポップはマァムを捕まえ、攻撃をするのを防いだ

キルバーンはこの頃からポップのことをかっていて
この戦いの殊勲賞はあのボーヤだな、そう言っていた

ハドラーが横槍をいれてくれたので何とか助かったポップ達
マホカトールで何とかして、バーンパレスに乗り込み
バーンと最後の戦いを繰り広げる

~vs大魔王バーン~

真の肉体に戻った老バーンはついにその姿を見せる
ダイにカラミティエンドを放ったが
ポップがトベルーラでダイを助けてくれた

大魔王バーンと闘う権利があるのは
ダイ、ポップ、アバン、ヒム、ラーハルトの5人

闘えない味方について考察するポップ
おっさんとチウはレベル外って事か・・・と辛らつな意見をいいすてる

ワニのおっさんは初期の頃
「ポップ、貴様のようなザコに興味はない」とか言ってたのに

ポップからレベル外と言われてしまった。

ありがてぇ むしろ好都合だぜ

大勢いたって一度に敵にかかれる人数はたかが知れてる
ワニのおっさんがしにかけちまったら、回復だってひとてまだ

相手はバーン、攻撃だけを考えてなきゃ、たちうちなんてできねぇんだ

ラーハルトとヒムが大魔王の猛攻を防いでる間に
ポップはメドローアを放つ、攻撃だけを考えてなきゃいけないからね

●メドローアを放つポップ

バーンはフェニックスウィングという受けの奥義で
メドローアを跳ね返す

マトリフさんは
「メドローアを相殺できるのは、メドローアだけ
もしくは魔法を跳ね返すマホカンタが怖い」

みたいに言ってたのに、なぜかバーンさんは新技を披露した

フェニックスウィングは攻撃には使用しないので
あれはマホカンタを腕に集中させて弾き飛ばす技だと思います。

相手がメドローアを弾き返すなら
こっちはカイザーフェニックスを弾き返す

ポップは胸にしこんだ、シャハルの鏡でカイザーを反射
バーンにダメージを与える、

だが大魔王は倒れない
ダイのアバンストラッシュで何とか腕一本もっていくものの

最後の戦略、地上の黒のコア連動バクハ作戦が作動し
ダイもポップも精神的にまいってしまった

しかし、一瞬の閃光のように生き抜いてやる!!
それが人間の意地だ!!と、ポップは最後の力をふりしぼる

シャハルの鏡を失ったことを目ざとく覚えていたバーンは
カイザーフェニックスを放つが

こつをつかんだポップは
素手でカイザーフェニックスを解体する

●おれってやっぱり天才かも

お前は昔から天才だよ、ポップ

最初はあんな小さい凝縮されたメラをメラゾーマでも防ぎきれなかったのに
とんでもない進歩である

大魔王もやたら驚き「う・・・うぁあ!?」とか言い出すレベルだった

スポンサーリンク