幽遊白書の黄泉、霊気や霊丸を防げない理由

幽遊白書の強キャラ、黄泉さん
彼は霊気や霊丸を防ぐことができなかったので
その理由を考えていきます

スポンサーリンク

■黄泉さん、霊気や霊丸を防げない

黄泉さんは魔古忌流煉破反衝壁(まこいりゅうれんぱはんしょうへき)
という技を使い、浦飯の妖気を発する攻撃、妖丸を防ぐことができました

しかし、浦飯が霊気を使い始め
霊気と妖気をミックスした、妖霊丸を放ち始めたら霊気の部分を
防ぐことができません。

●霊気、霊丸を防ぐことができない黄泉さん

なぜ、黄泉さんが霊丸を防げなかったというと
魔界には霊気の使い手がいなかったからだと推測されます。

魔界の敵は言うまでも無いですが全て妖怪です
仮に、何かの間違いで人間が魔界に侵入してきても

今までの霊気の使い手で強敵なのは
精精仙水と浦飯ぐらいの物でしょう

後は桑原、幻海ぐらい?

強い霊気の使い手なんていないんだから
わざわざ霊気を吸収する技を覚えるのはコストパフォーマンスが悪いのです

~画魔という化粧使いがいた~

昔、画魔という化粧使いがいたのですが
彼も妖気対策にはぬかりなかったと思われます

画魔の化粧で呪印をつけられたら、外部に妖気を出すことができません
これで、蔵馬は妖気で武器化ができなくなりました。

彼も今まで妖怪としか闘ってこなかったから
妖気封印技をつかってきたのです

逆に、浦飯と対戦していたら、呪印が通用しなかった可能性もあります

画魔
「くくく これであんたは力を使うことはできないぜ」

浦飯
「レイガーーン」

画魔
「何で攻撃できるの?」

みたいなことになっていたやもしれません
相手が蔵馬だったから封じれただけ説

逆に幻海は今まで霊気と戯れていたので
霊気を使いこなす術にはたけていました。

浦飯は幻海は霊光玉をさずかり、パワーアップしました
その前に、霊光波動拳、修の行とかいうので霊気の枷をつけさせ

常に霊力全開でいるような修行をさせました。

こういうのって多分飛影や蔵馬にはきかないはずなんですよね
乱童が弟子になったとして、この修行は意味があるのでしょうか?

~逆に言えば、鈴木ってすごい~

鈴木さんが持っていた試しの剣という武器があったのですが
これを

ししわかまると桑原の2人に渡しました

妖気を吸収した試しの剣は魔哭鳴斬剣に
霊気を吸収した試しの剣はフライパン型の霊剣になりました。

鈴木は暗黒武術会に参加していたので、チームメイトに
人間が入ってくる可能性もみこしていたのでしょう

だから、どちらにも対応できる武器をつくりあげたのです

お前は人にあった武器を作ることにかけては天才だと
幻海さんが言ってましたが、まさにその通りだったわけです。

鈴木は技もめちゃくちゃ強いし
同一妖力値付近では魔界最強でもおかしくありません

お前の技はみせかけだけで軽いとはいえ
純粋にパワーさえあがれば、力があがるのも当然です。

アニメの魔界統一トーナメントでは
なぜか名前も知らない妖怪に負け1回戦敗退でした。

鈴木?気づいたらまけている扱いでした

レインボーサイクロンEXフラッシュとは一体何だったのか?
そういわざるをえません

●多分これは強い、EXフラッシュ

とはいえ、黄泉さんは人間界を征服するといっていたのに
霊気対策を怠るという失態をおかしています

彼の智将設定とは何だったのか
こちらもそういわざるをえないでしょう

スポンサーリンク