ダイの大冒険、超魔ハドラーvsダイ&バラン

バーン様にラストチャンスといわれてしまったハドラーは
ザボエラとタッグを組み、ダイパーティーを倒そうとしますが
マトリフさんがしゃしゃりでてきたので失敗

そこで、ザボエラに頼んで
超魔生物に改造してもらうことにした

スポンサーリンク

■ハドラーさん、超魔ハドラーになる

ザボエラのアジタに隔離されていたハドラーは
やってきたミストバーンさんにお願いをします。

ダイを倒す最後のチャンスを逃してしまった
バーン様に敗北を告げたければそうしてくれてもかまわん

無理を承知でおまえに頼みたい
おれが超魔生物へと改造される間、人間どもと戦ってくれぬか?

ミストバーン
「いわば時間かせぎか」みたいに言うのですが

ミストが本気を出せば、時間かせぎどころか勝負が決してしまうのではないでしょうか?

バーン様にキュアビューティーを勧めた失態は消えない
サニーなんかじゃ満足できない、ハドラーがキュアビューティーになるしかないのだ

●もうすこしで変身は完了する

~超魔ハドラーvsダイ~

パワーアップしたハドラーはついにダイと激突
超魔生物は呪文をつかえないのだが、魔族の肉体をすて

自身を超魔生物としたハドラーは呪文を使える
作中では微妙な呪文イオラを用いてダイを攻撃します。

ハドラーはラッシュを決め
ヘルズクローを使いダイを倒そうとしますが

結構あっさり破壊されてしまいました。

ヘルズクローはヒュンケルの攻撃を防ぐレベル
それがさらにパワーアップしたという話だったのに・・・

つめをおられたハドラーは、ついにオリハルコンの剣を手にします

ハドラーの右手に格納されていた王者の剣

その王者の剣に暗黒闘気の炎の力を使い攻撃するのが

超魔爆炎覇(ちょうまばくえんは)です

●ハドラー最強の技

ちなみにこの技は、魔炎気をあやつり剣につたわらせて戦えば
魔法剣と威力はかわらないらしいのですが

初期の設定では魔法剣を使う事ができるのは
勇者ダイだけという設定だったんですよね

こっそりハドラーさんはできてしまったのです

しかも、ハドラーさんは空を飛ぶ能力も持っていて
肩パットからエネルギーを出して飛ぶ事ができます。

移動、力、魔法 全てにおいて隙がないレベルになっていると言えます。

~ハドラーvsダイ&バラン~

恩のあるザボエラを命令違反程度の罪で牢獄送りにしたハドラーは
バランとダイ、2人の竜の騎士と戦うことになる

バランさんが言うには
「パワーが少々あがったところで、竜の騎士を相手に2対1でいいだと?
うぬぼれるな」との事

だが、バランに近い実力のある通常ダイとハドラーはほぼ互角だったので
バランさんもあらためます

「恐るべき男になったな ハドラー」

とはいえ、バランさんは現在第一形態です
通常バラン=通常ダイ=超魔ハドラー、といった図式です

竜魔人になりさえすれば、現在のハドラーでも普通に倒せると思うんですけどね

ダイさんは、通常状態なら2対1で戦う必要があると言ってましたが
2対1ならハドラーが勝てる道理はありません。

~バランさん、1対1で勝負に勝ちそうだった~

黒のコアがあったために、縛りプレイで戦う必要があった
バランさんですが

普通に勝負に勝ちそうでした
超魔爆炎覇とギガブレイクの勝負になったのですが
勝負をせいしたのはバラン

●終わりだ・・・ ハドラー

ですが、バランはキルバーンの胴体をこうげきした際に
自らの剣、真魔鋼竜剣が傷つき、威力が半減してしまった

※キルバーンの体内に流れる血液は魔界のマグマと同じ成分で
強い酸を含んでいるとの事

※このロボットの動力原がマグマってことだったの?

真魔鋼竜剣は、自らの傷を復元することができる剣だが
短期間ではなおらない、ゆえにバランはハドラーに勝利する事ができなかったらしい

2対1でいいといいながら、通常バランに負けそうだったハドラー

その後、竜魔人となって戦ったバランですが
普通に圧倒していました。

バランはついさっき
恐ろしい男になったものだハドラー とか言ってたのに
本気を出せばこれです

ダイさんが言ってた2対1でいかなきゃいけない発言は一体何だったのか?

スポンサーリンク