東京グール あんていくの店長、芳村(よしむら)さんはいい人

東京グール、喫茶店あんていくの店長芳村(よしむら)さん
グールとは思えないほど人格者で優しい紳士である
彼について確認していきます

スポンサーリンク

■あんていくの店長、芳村 (よしむら)さんはいい人

あんていくの店長である、人間からグールになってしまったカネキ君に
大層優しくしてくれた

苦しかったろうね 中へお入り

冷蔵庫の中から肉を取り出して、カネキ君にわけてあげた
※カネキ君は肉を食べなかったけど

だが、極度の空腹にたえかねていたカネキ君は理性がない
ただの化け物になってしまったので

トーカちゃんが気を失わせている間に
店長が何とかしてあげた

あのままだと君は・・・友人をその手にかけていたよ
自分が何者であるかを知りなさい

しょっくを受けているカネキ君に店長は優しく語り掛けます

君はグールであり、同時に人間でもあるんだ
ふたつの世界に居場所を持てる、ただ一人の存在なんだよ

あんていくにきなさい、グールのことを教えてあげよう
人間の居場所を守る路にもきっとつながる筈だよ と
カネキ君のことを気にかけてくれた

この大物感、初期の頃から店長最強説もあったほどです

~店長、カネキ君に食事方法を教える~

グールは当然、物を食べる事ができません
しかし、人間生活を営む以上
人前で食事ができなくてはいけない

そこで、店長はカネキ君の目の前でおいしそうに
サンドイッチを食べる姿を見せる

うんうん ごくん ふう・・・

全日本グール協会主催、サンドイッチをおいしそうに食べる選手権があれば
優勝できそうなレベルである

もちろん、現在のカネキ君ではサンドイッチを食べきる事はできない
パンは無味無臭のスポンジのようで、レタスは鼻の奥まで青臭い
チーズなんか乳臭くて粘土みたいな食感らしい

※トーカちゃんが食べる様子をニヤニヤしながら見ていたのがかわいかった
さっきまで、グールであることがばれたら始末するっていうてたのに
このギャップよ

店長曰く、コツは食べるんじゃなくて飲む事
噛んでしまうと、マズ味が広まって吐き気をもよおすから
一口目でかみきって、一気に飲み込む

そして飲み込んだ後に、かむふりをして
咀嚼音を出す、後はおいしそうにしている表情をつければいいとのこと

食べ物をずっとお腹にいれておくと体調を崩してしまうから
消化されるまえに吐き出すことが肝要らしい

それから、まだヒトを口にするのに抵抗があるカネキ君のために
なぞの角砂糖をくれた

コーヒーにとかして飲めばある程度空腹を抑える事ができる
魔法の角砂糖だ 原材料は秘密

だが、それだけでは空腹を紛らわす事はできても
本質的な解決にはならない、やはり空腹を満たすためにはどうしても
ヒトの肉を摂取する必要があるのだ

あんていくの店長はヒトを狩ることができない人たちのために
お肉をわけてあげるくらい優しい紳士である事も忘れてはいけない

笛口親子に、お肉をわけてあげたからね

自称、人脈を広げるために行動を起こしているキレ者ニシキ君は
狩場をちょっとあらされたぐらいで容赦なく襲ってきますからね

もう少し店長を見習って欲しいものだ

スポンサーリンク