メジャーセカンド ネタバレ 感想 弟17話 バッセンにやってきた睦子と光、ついに親子が対面

前回のあらすじ、光は睦子ちゃんと
野球がやりたいようだったが
別にそんなことはなかった。

睦子ちゃんは女の子だけあって
鋭い

■メジャーセカンド 第17話

睦子ちゃんとキャッチング練習をしていた
佐藤 光君

なぜか、狙い済ましたかのように
バッティングセンターにやってきました。

これは多分
睦子ちゃんがふて腐れちゃったので
機嫌を直してもらう為に、バッセンにやってきた
可能性もありますね。

多分、こんな会話があったんでしょう

睦子
「光君、結局大吾の事で頭いっぱいなんじゃない
球を捕ってあげてる、私の身にもなってよね!!」


「ご・・・ごめんね睦子ちゃん、何もそんな
大吾君の事ばっかり考えてるわけじゃないよ
それより、キャッチだけじゃ退屈じゃない?
バッティングセンターにいって、ボール打ってみない?」

そして、バッティングセンターにやってきた
睦子ちゃん

「へぇ、ここがバッティングセンターかぁ
 お兄ちゃんがよく来てたけど、あたし初めて来たぁ!」

と結構ごきげんでした。

●機嫌がちょっとよくなった睦子ちゃん
●機嫌がちょっとよくなった睦子ちゃん

そして、睦子ちゃんとフラグをたてようとした光君ですが
バッティングセンターで、寿也君と接触します。

ここで親子の会話があるんですが、光はどうも
寿也と会いたくない様子

寿也
「おまえ、日本に来て野球チームに入ったんだって?
驚いたよ、あんなに野球に興味がなかったのに急に」


「う・・・うん・・・試しにちょっとやっとこうと思って
ママにはだいぶ嫌な顔されたけど・・・」

という会話がありました。

スポンサーリンク

これから察するに、光君の母親は野球の事をあまり快く
思っていない様子。

だから、息子から野球を遠ざけていたのでしょう。
光君が元メジャーリーガーの息子といえど

全然野球知識がなかったのは、母親の考えが
強く影響していたという事なんですね。

大吾も気をきかせて

大吾
「オレだけがお父さんに野球教わるのもあれなんで
一緒に教えてもらおうぜ」と

光君に話しかけました。

しかし光は


「いや・・・いいよ・・・それはできない・・・」

とうつむいたまま、語り


「僕の事は気にせず、パパと思う存分キャッチャーの練習
がんばってよ、今週のチーム練習で僕の球
捕ってもらうからね」と語り、逃げるように帰って行きました。

●父親と母親の間には深い溝があるのか?
父とあって、逃げるように帰る光
●父親と母親の間には深い溝があるのか?

そして、大吾がフラグをたてます

フラグ
「想像もしなかったーー
そのときに想像できるはずがなかった。
それが光の言い残したセリフになるなんて。」と

これは、あれなんですか?メジャーでよくある
転校フラグってやつじゃないですか?

前作メジャーでも、吾郎は何も言わずに転校して
ドルフィンズをやめてしまいました。

今度は光の番ってことなんでしょうか・・・

そして、案の定練習にこない光

ドルフィンズの練習後に、監督はいいました。

田代監督

「佐藤は群馬に引っ越すことになったから
ドルフィンズはやめるそうだ、残念だが仕方ない
みんなによろしく伝えといてくれとーー」

という感じで弟17話の感想終わります。

今後の予想ですが
栃木に移った光は母親に反対されながらも

野球を続けると思うんですよ

それで、高校生の時に、スカウトの目に止まって
東京の強豪校に転校、そしてたまたま高校で再開した
大吾と甲子園を目指す。

べたですが、漫画の流れを考えれば
これが一番いいかなと思いますね。

スポンサーリンク