ワンパンマン 【感想15】 弟27話~弟28話のレビュー

前回のあらすじ
ジェットナイスガイを改造した博士に
サイボーグ化を頼んではいけない

少女がフラグをたてたから
ジェノスがピンチ

■ワンパンマン 第27話 感想 自転車を降りたらジャスティスクラッシュ

前回、少女がフラグをたてた為に
ダメージを負ってしまったジェノス

逆に深海王は再生能力を使い
ジェノスから受けたダメージが回復

そんな中、俺達の無免ライダーが
ついに現場に現れた。

●ジャスティスクラッシュ!!
●ジャスティスクラッシュ!!

と勢いよく自転車から降りる無免ライダー
勢いあまって、深海王にあたってしまいました。

もちろん、このジャスティスクラッシュ自体が
技の可能性もありますが

あのチャリンコは無免ライダーの大切な商売道具です。
自分の道具を大切にしないヒーローに期待はできないので
ここは自転車から降りる勢いがすごすぎて

自転車が飛んでしまったという事にしておきましょう。

そんな勢いよく飛び出した無免ライダーは
深海王と対峙するわけですが、あっさりと飛ばされてしまいました。

しかし、まだまだやられるわけにはいかない無免ライダーは
ジャスティスタックルをかまし、深海王を足止めをします。

無免ライダー
「本人はC級ヒーローが大して役には立たない
俺じゃB級じゃつうようしない
俺はお前に勝てないなんて事は俺が一番よくわかってる
だが、ここで俺はお前に立ち向かわなくちゃいけないんだ!」

と熱い言葉を吐露します。

スポンサーリンク

●熱すぎる無免ライダー
●熱すぎる無免ライダー

そんなことないぜ、無免ライダー
深海王の攻撃はワンパンでA級ヒーローやB級を倒しちゃうほどなんだ

その攻撃を2,3回耐え抜いた、無免ライダーの
ヒーローとしてのポテンシャルはめちゃくちゃ高いと思います。

少なくともB級のなんちゃってサイボーグよりは
はるかに格上といえるでしょう。

ですが、そうはいっても、やはり深海王は強く
無免ライダーでは勝つことができませんでした。

しかし、彼が足止めしてくれたからこそ
サイタマが間に合ったのです。

●なんとか間に合ったサイタマ
●なんとか間に合ったサイタマ

ここで無免ライダーが頑張ってくれなければ
市民もどうなっていたか分かりません

後続の為に時間を稼ぐというのも
立派なヒーローのありかただと僕は思いますね。

■28話 感想 サイタマも他のヒーローも頑張った

そして間に合ったサイタマは、いつもの通り
ワンパンで深海王を撃破、市民は救われたのです。

これで、みんながサイタマってすごい
この男こそ、S級ヒーローに相応しい男だ!!という
話しになればよかったのですが

ここで一人の男がしゃしゃり出てきました。

●しゃしゃりでてきた男
●しゃしゃりでてきた男

「命張るだけなら誰でもできるじゃん
時間稼ぎなんて工夫すれば誰でもできるしさ
他のヒーローって結局何もヒーローらしい活躍してなくね?」

とか言いたい放題です。
時間稼ぎなんて誰でもできねえええ

あんなの前にして数十秒でも足止めできるような人間なんて
まずおらんがな、助かったんだから、ヒーローありがとう

他のヒーローも頑張ったねでいいんだよ
あんまりじゃんこんなの、無免ライダーがむくわれねぇよ

それから、深海王と闘う前に、スティンガーもそこそこ
活躍したからね、そこほめてあげてね

この発言に対してサイタマは気を使い

サイタマ
「いやーラッキーだった
他のヒーローが怪人の体力奪っててくれたおかげで楽にかてたぜ
ちゃんと噂をまいて、俺の手柄にしてくれよなっ」

と自らが悪役になることで、他のヒーローが頑張ってくれた
ってことにしてくれました。

サイタマって基本わが道をいく男ですが
他人を立てることができる、正義感に溢れた男ですよね

スポンサーリンク