天才マン、さっちゃん編の活躍を確認、vsハリー

裏宇宙がせめてきたので
天才マンはさっちゃんと戦うことを決める

スポンサーリンク

■さっちゃん編始まる

裏宇宙をせめた天才マンはいきなり、敵の城壁である壁に遭遇する
この壁は”ジャンプノヘンシュウブトビラ”でできている

ちゃんと受付をとおしてカードキーがなければあかない

私、これわかってます
みたいな物言いだが

目の前でラマンちゃんのドッコーンでも壊れないところを
天才マンはみている

天才マン曰く、冗談ぬきでこの壁を破壊することは不可能だ
この天才が言うのだから間違いない、との事だが

ジャンブノヘンシュウトビラよりもよっぽど硬い
ガモーノカーチャンノサイフノヒモをチカラジマンは簡単に握りつぶし

なおかつ、そのチカラジマンよりも
世直しマンSZGの方がパワーは上だった

●カッって実はかなりの弱技なんじゃないのか?

※ガモーノカーチャンノサイフノヒモは
ガンジョーダXの952倍の硬さである

単純計算で、世直しマンの通常攻撃は天才マンのカッの1000倍以上の
攻撃力となる

というより、ラマンちゃんより攻撃力ないですからね
天才マンという男は・・・

私は格闘技も天才なのだ!!光の速さのパンチ
みたいな事をしていたが、どう考えてもデフレしている

世直しマンよりデフレしてるんじゃないか?っていう
レベルで天才は弱くなっているのだ

~vsデコレーションハリー戦~

天才マンの頭脳をはかるという名目で
ハリーと戦わせるよっちゃん

天才マンもやる気マンマンで

ああゆうキザなやつは嫌いでね この手で
葬らないわけにはいかない

なぜって・・・

この世で一番美しく華麗なキザ野郎は天才マンだからだ

ハリーはバラの棘をぬき
攻撃をしかけてくるそぶりをみせた

天才マンはハリーの攻撃をよけられない

実はこの攻撃はトリックであり
ファンの女の子がハリーの変わりに攻撃していただけだった

というより、そこいらにいるファンの女の子の攻撃だと
見破るのに4発も針を受けなければだめって

もう天才でも何でもないんじゃないか?
そう思わずにはいられない

肝心のハリーはかなりの雑魚で天才マンのカッで
やられるレベルだったし

さっちゃんはもう少しマシな刺客を送ってきて欲しいと思った

●普通に針を食らう天才がいるらしい

天才マンは勝負の最中、ハリーのファンを篭絡した

私は女性に対して、決して手をあげない
なぜならすべての女性は私のために存在し

私は全ての女性のために存在しているからだ

こんな安いセリフでくらっとくる裏宇宙の女って一体・・・
そう思わずにはいられない

天才マンが裏宇宙の世界で美形ならわかるのだが
裏宇宙は美的感覚が表宇宙とはまったく別で

裏宇宙では、ぶさいくですよが宇宙一美しい女という設定だ

それなのに、天才マンになびいて
スーパースターマンになびかないのだ

天才マンは私はどこにいてもいい男だ と言っていたんですけどね

※ハリーのファンは、ほとんど天才マンのファンに鞍替えしたが
2人だけはハリーのファンのままだった

~vs越谷太郎 vsさっちゃん~

越谷太郎と戦った天才マン達だが
天才マンはみ方を十数人失い、ようやく越谷に勝利する方法
がわかったという

その方法は16人全員が力を合わせて、正義のために戦うこと
正義のためだけを考えて戦えば

心がひとつになり生まれるパワー
ナイナイシックスティーンが発動し、あらゆる敵を倒すことができるのだ

※このナイナイシックスティーンを使って倒したのは
越谷太郎が最初で最後であり

さっちゃんもオールチェンジマンも
微妙な攻撃で倒されていることを忘れてはいけない

さっちゃんと戦った天才マンだが

寝返り戦術を使って油断をさそい

勝利マンに接着剤攻撃をさせたところが
裏宇宙編のピークだった

ああ、勝利マンこの天才、お前には勝つ自信はあるが
さっちゃんには絶対に勝てんのだ

●寝返り戦術が裏宇宙編のピークってのも嫌だな

※ちなみに、最終局面のvsさっちゃんの時

天才マンはコマにうつることもなくやられたことも
付け加えておきます