手塚vs樺地崇弘 (かばじむねひろ)戦と九州遠征編

全国大会の手塚戦
vsかばじ、九州遠征編のレビューを行います

スポンサーリンク

■手塚vs樺地崇弘 (かばじむねひろ)戦と九州遠征編

~手塚vsかばじ~

手塚vs樺地がスタート
周りのモブたちは手塚がシングルス2で出てきたーっ!?

どー言う事だ・・・・とめちゃくちゃ驚いていたが

それよりも驚くべき事は
桃城をシングルス3で使用したことだと僕は思う

どう考えてもシングルス3は不二を出すべきだったからね
むしろ、中堅に一番強い男を配置するのはおかしい事ではない

とは言え、相手が、かばじだったので堀尾君は相手をなめ
ププッ この勝負いただきだな♪と言っていたが

河村とパワー対決を行ってそれなりに勝負になった、かばじ君ですからね
堀尾は楽観しすぎだ、むしろ左腕に不安をかかえている手塚にとって
やっかいな相手と言えるだろう

それに、かばじはコピー能力を持っていて、へんに技をだしたら
相手の技を吸収してしまう

●不二君が言うにはそういうことらしいです

※かばじ君はvs河村戦で波動球を習得したので
それを出せば、手塚とも、もっといい勝負ができると思うのですが
なぜ波動球で戦わないのか

いかにコピー能力を持っている、かばじと言えど

手塚ゾーンは吸収できへんやろというノリで
手塚ゾーンを繰り出す部長

手塚によって回転をかけられたボールは全て
引き寄せられるかのごとく手塚の下へ戻っていく

手塚ゾーン、あんな神業、手塚にしか出来ないよ と
青学メンバーはプッシュするのですが

かばじ君は普通に手塚ゾーンを出してきます

設定では手塚ゾーンをできるのは手塚だけ

無我の境地を使用しても
手塚ゾーンは真似できないという設定だったと思うので

かばじの素の能力は
無我の境地を超えているといってもいいでしょう

※マジックボレーという独特の手首のやわらかさが必要な小技は
なぜか習得できないという話でしたけど

~手塚国光、九州遠征編~

ここで回想シーン、腕の治療のために九州にわたった手塚は
テニスコートに置いてあったラケットを使って試しうちを行った

現在の腕の状況はかんばしくないようで

おれは・・・・おれは間に合うのかーーーー と腕のことを心配していた

試しうちをした際に、女の子がやってきて
ラケット泥棒扱いされる手塚、女の子の名前はミユキ

※もうお忘れの方も多いですが、ミユキちゃんは千歳の妹であり
フルネームは千歳ミユキ 小学校4年生

ミユキちゃんはもっと肩を上げないといいボールを打てないよ と
手塚部長のコーチをかってでた

そうはいうても肩を上げることができない手塚
今はしたて打ちでボールをうつしかないのだ

練習している手塚の前に現れる、獅子楽中テニス部の面々
手塚の名前は九州でもうれているらしく

獅子楽中テニス部の面々はやたら下手に出ていた

●ボーシの人

ど どーぞ こんなトコでよければ!
オレ達はまだジョギングがあるんで・・・・

めちゃくちゃさわやか少年風だった

しかし、手塚が腕を怪我している事をしって
いきなり調子こいてきた

おい青学テニス部 部長手塚国光よっ
あんたらの学校も全国行きをきめたらしーなぁ

アンタ抜きで!!とめちゃくちゃ煽ってきた
煽ってきたのボーシの兄ちゃん、大丸である

古傷の肩を痛め戦列を離れ、わざわざここ九州まで
リハビリにきたそーじゃねぇーか

手伝ってやるよおたくのリハビリ と
怪我をしている手塚を狩る気マンマンである

※最初のいい人風の表情はいったい何だったのか
そう言わざるをえない

ただ、勝負を挑むだけならまだいいのですが

わざわざ千歳ミユキを人質に取り、さっさとコート入れよ
この子がどーなっていいのか、おぉーん?とすごく小者です・・・

大丸と1セットマッチを行う手塚部長
全国区手塚は肩があがらず

スマッシュを打つことができない、サーブも下てで打つしかない
そんな手塚は大丸に大敗を喫することになる

●ゲームセット・・・ ウォンバイ大丸 6-0

越前君は、おれに勝っといて負けんなといっていたが

まさか全国大会偏、最初の敗北が
ボーシのカマセモブだなんて

にわかには信じられない

※すでに関東大会では跡部に負けていますけど

※まぁ腕を怪我しているからしゃあないといえば、しゃあないのだが

大丸が勝てるならオレもやってやんよと言い出す
その他のモブ部員達にみかねて

ミユキちゃんがこの勝負を買うことになる

ミユキちゃん相手にも手加減をしらない大丸は
ボールをぶつけようとする

大丸にきれた手塚はイップスを克服

あんな小さな子が一生懸命戦っているのに
おれは一体何をしているんだ

オレも一歩を踏み出すんだ、的なノリで手塚は蘇った

蘇った手塚は大丸を圧倒し、ミユキちゃんに別れの挨拶もせず
東京に戻って大石を倒し、レギュラーの座をつかんだのだ

~vsかばじ戦 続き~

回想シーンがおわり、かばじと再び戦う手塚は
百錬自得の極みを発動し、かばじを圧倒
4-0とリードを広げる

だが、かばじは百錬をコピーして使えるようになっていた

※百錬は無我の扉の奥に踏み入ったものしか使えない奥義なのだが
無我の境地でも何でもない、かばじがなぜ、百錬が使えたのかはわからない

同じ百錬ならパワーがあるかばじの方が有利らしく
手塚を6-6まで追い詰めた

途中で雨がふってきたので、錬度で上回る手塚が
辛くも勝利した格好になったが

雨がふらなければ、かばじが試合に勝利していたであろう

実際、かばじは強すぎると思うのですが
なぜかしばらくすると覚えた技を完全に忘れてしまうので

この後百錬は使えないようになっていた