テニプリ、不二君の地区大会の活躍、波動球の初期設定

青春学園のエースプレイヤー不二君
彼の地区大会の活躍と、対戦相手、石田の波動球を
確認していきます。

スポンサーリンク

■不二君の地区大会の活躍、波動球の初期設定

不動峰が狙うぞ全国、いこうぜ全国
オレ達は新しいテニス部をたちあげるぞ

主人公チームみたいなイベントをやってくるので
やりづらくなった青学メンバー

不二君は河村君と組んで
ダブルス2に出場します

不動峰戦で、先手を取るために不二は
いきなりのカウンターテニスを披露

打球が弾まない つばめ返しを行います

何だ今のは!?返された打球が地面スレスレをいきやがった

※テニプリで一番最初に出てきた必殺技は波動球ではなく
つばめ返しだったのです。

●不二君のつばめ返し

ちなみに、つばめ返しですが
相手のトップスピンを利用し、さらに同じ方向に回転を与え

2乗の超回転を与えたスライスのカウンターショット
相手のトップスピンを利用してはねかえすという技でした

※後半のテニプリでは
相手がトップスピンだろうがスライス回転だろうが

もっと言えば、別次元の回転を加えた何かであっても
普通につばめ返し、もしくは鳳凰返しを利用しているので

初期の設定は完全に壊されている、そう言ってさしつかえないです

※アニメ判ではトップスピンだろうが、スライス回転だろうが
跳ね返せるという設定が追加されたんですけどね

つばめ返しはただのはずまないショットなので

現在のテニプリでは、それほどの技ではないのですが

初期のころはすげぇ技で
周りのテニスプレイヤーは天才、天才と
不二の事をプッシュしていました。

不二君が先に技を出したんだから、こっちも技を出してもいいだろ?
みたいなノリで石田君のイベントが始まりました。

石田は100%の力を込めたフラットショットを
打ち続けたために、腕をいためているという設定があり

彼のフラットショットは誰も返せない と
最初のころは言われていました。

石田のフラットショットである”波動球”は大変危険な技であり
波動球を使いまくれば、今後一切、テニスができなくなるとも
言われています

●波動球ってすごい技だったんです

初めて不二君と対戦した時は、その危険さゆえに
使えるのは1回きり、そう言われていたんです。


しょうがねぇなぁ ただし1回きりだぞ

波動球の貫通属性は後半なくなったんですが

初期のころは波動球を放ったほうのガットが壊れるという
相当な弱技でした。

波動球は2式、7式、108式、裏波動球といった
徐々にテンションをあげていく性質があるので

1回目で自分のラケットが壊れていてはしょうがありません

まぁ、一番最初の波動球で河村の腕が破壊されたので
青春学園は試合を棄権

河村は、何いってるんだ!!まだやれる!!
みたいに言ってましたが、不二君はいたって冷静に身をひきました

大丈夫だから

●大丈夫なんだよ河村

ここで僕が棄権して負けたとしても
僕の名前に傷が付くことはないんだよ

あくまでも、君が弱かったから このダブルスは負けたという
事実で落ち着くんだ

この敗北は君のせいなんだから
僕にとっては大丈夫なんだよ

という意味だったら嫌だなと、ちょっと思いました。

自分達は地区大会で敗北を喫してしまいましたが
打ち上げは、かわむらすしで行い

不二君はワサビずしを食べていた

そういえば、不二君は激辛が好きという設定があった