テニプリ、不二vs地味’s 不二vs芥川ジロー

不二vs山吹戦のダブルス
不二vs芥川ジロー戦について
レビューしていきます。

スポンサーリンク

■不二vs地味’s 不二vs芥川ジロー

~vs山吹戦がスタート~

天才とまつりたてられている不二は河村と組み
ダブルス2に出場しましたが

地味’sに敗北する結果となった

ゲームセットウォンバイ山吹 6-3

これで、描かれているダブルスの試合としては
不二、河村ペアは2敗

完全に青学の黒星担当となってしまった

●※試合内容は描かれないダブルス2

一応、山吹はダブルスが強いという設定でしたが

シンクロもハウリングもしてこない上に
技の一つもありませんからね

なぜ不二先輩のカウンターテニスで
勝つことができなかったのか

※逆に相手がとくに強いショットをうってこないから
カウンターが威力を発揮できなかったかもしれませんが

~不二vs芥川ジロー戦~

不二vs芥川のシングルス2戦が始まった
※実はこの部分誤植されていて
漫画では氷帝vs青学 シングルス3となっていた

不二ゆうた君は都大会で氷帝に負けたことがトラウマとなっており

アニキ、気をつけろ やつの実力は本物だ!
みたいな感じで芥川君をプッシュしていた

今まで本気をだしてこなかった不二は竜崎監督から
たまには思い切り戦ってみな そう言われてしまった

不二「はい!」

●ここからがボクの本気だ

本気?を出す宣言をした不二君は、いきなり
消えるサーブを披露

何なんだ 今の不二のサーブは?
ボールが手元で・・・消えた?

※ゲームではバニッシングカットという技名がついています

ボールを手からはなすときに、回転をかけるような落とし方を
して、そのボールをそのまま打つという

シンプルな打法から繰り出される技です
ちょっとボールを捻っただけでこんな急激な曲がり方をするのなら

現実世界のテニスプレイヤーが使用していてもおかしくないのですが
誰もしていない事を考えると、結局はただの超能力の類と
いった所なのでしょう。

消えるサーブとサーブ&ボレーにホンロウされた芥川は
ここで本領発揮

手首のスナップだけで、自由にボレーをコントロールするという
地味な技で青学不二から1ゲーム奪ってしまいます。

ちなみに、芥川君は都大会、5位決定戦ではシングルス3に出場し
不二(弟)と対戦し6-1で勝利しています。

不二(弟)はライジングショットを使わなくなったので
越前戦よりもポイントを取ることができなくなったのでしょう。

弟曰く、芥川君のボレーは

決してスピードのあるボレーではない、だが手首の柔らかさで
 まったく予想外のところにボールを落とされるので
反応できない」と評価していた

だが、芥川は前で仕事ができなければ、そんなに強くないとうい
イメージなので、ロブ系の攻撃に弱い

ここで、不二君のトリプルカウンター(風を使う技である)
白鯨が発動した

●トリプルカウンター白鯨

白鯨は打球がホップした比較的高速なロブショットであり
落下した後に回転でボールが戻ってくるという弱技である

1回目は相手の虚をつくことができるので
そこそこ有効化と思われるが

2度目は通用しない技である
それに比較的強い風が吹いていなければ発動できない技でもある

こんな技にいいようにやられ、6-1でやられてしまった
芥川君は氷帝最弱の扱いとなってしまった

はっきりいって、スピードガンの魔術師の異名を取る
滝君の方が、よっぽど強いとボクは思った。

不二ゆうた君は
おれの目標はやっぱりアニキだ そういい残し
兄のことを評価した