テニプリ、緑山戦、出番がない不二、vs六角中の樹

テニプリ、不二の緑山戦
シンカー使いの六角中の樹戦を
レビューしていきます

スポンサーリンク

■テニプリ、緑山戦、出番がない不二、vs六角中の樹

~vs緑山、不二君の出番はない~

vs緑山中との試合が始まった
手塚が戦線を離脱したので、不二君はシングルス1として出場

越前がシングルス3
対戦相手は緑山中最強の選手

つまり、青春学園の3連勝が濃厚である
テニプリパターン

不二君に出番は回ってこないことは確定的である
※越前が試合中、怪我をしないかぎりは

そして、青学が3連勝し
関東大会ベスト4進出が決まった
全国大会出場権もGet

~vs六角中の樹(いつき)~

大石が腕を怪我したので、ダブルス1は菊丸、不二の
ダブルスペアとなる

不二はダブルスでは戦績がよくないし
ペアを組んでいるのが菊丸なので
ここで負けてしまった場合、相方の責任にする事はできない

不二君は過去に、六角の佐伯君とシングルスで戦ったことがあり
今回はダブルスで対決する事になった

樹・佐伯ペアvs菊丸・不二ペアの試合がスタート

樹君はシンカーの使い手であり、無回転のボールを打つことができる
初期の不二君は相手の回転を利用することによりカウンターを
していくというスタイルだったので

無回転ボールには相性が悪い

そこで、不二君はラケット面を滑らせて回転をかけ
つばめ返しを放った

●ラケット面を滑らせてスピンをかける不二君

この技はテニスのルールに抵触すると思うのですが
テニヌ世界ではセーフとなる

自分で必要な回転を作り出し、そこに更に超スライスをかける

どんなボールでもつばめ返しができるように
不二君はパワーアップした

※というより、vs芥川戦から不二は力をだしてきたという話なので
これが本来の不二の実力である

山吹戦では、相手が強いボールをうたなかったから
カウンターができない、ゆえに負けたのではないか?

そう考察していたが

最初から本気を出していたら、山吹戦のダブルスでは
勝利していたのではないだろうか?

アクロバティックな攻撃タイプの菊丸と
カウンターを主体とする守備タイプの不二は
結構相性がよく

菊丸が分身して相手を翻弄
相手のスマッシュは不二のヒグマ落としで対応し
6-3で不二、菊丸ペアの勝利に終わった

ちなみに、試合開始前に、佐伯君は
不二、ダブルスでは初対決だな、よろしく頼む

みたいな事を言っていたのだが、佐伯は菊丸にかまってばかりで
不二君の相手は樹君が行っていた

竜崎監督は

「お互い何度も練習試合を行っているカンケイ
手の内は読まれている勝負になる」みたいに言っていたのに

簡単にフラグを破壊していきました。

●佐伯君は不二とはからまなかった

※、まぁ、不二君は回転をカウンターしてくるので、樹君を当てるのは
ただしい戦略だとは思いますけどね。

~不二君、立海の赤也君に狙いを定める~

立海は不動峰を完封
6-0、6-0、6-1の3連勝で決勝進出を決めた

真田と柳はこの試合ダブルスに出場していたが
おのおのがシングルスの闘いをして
不動峰のダブルスを破った

それで6-0である

赤也君は試合時間こそ短かったものの
不動峰の橘を相手に1ゲーム取られている

橘さんは、最初は強キャラっぽい扱いだったが
実際の描かれる試合では微妙なキャラである

にもかかわらず、不二君は
赤也君を要注意とみていた

●2年生エース、切原赤也 彼が一番手ごわい

赤也君はダブルスなら無敗設定だったが
シングルスの場合、柳に完封されるレベルですからね

一体何をもって、彼を一番手ごわいと思っていたのか
謎に包まれています