テニプリ 全国大会不二周助、蜻蛉包みで戦う

関東大会では、謎のクローズドアイという
特殊能力が発動し、辛くも勝利した不二周助君

全国大会に向け、新技を習得し
河村と共に、全国大会ダブルス1勝を狙っていく

スポンサーリンク

■全国大会の不二

全国大会に向け不二は新しい技の習得に励んでいた
それは第4の返し技(フォースカウンター)である

フォースカウンターを学んだ不二は
相方河村と共にvs比嘉中戦でダブルス2に出場する

※ここまで不二、河村のダブルスは地区大会と
都大会で敗北し、関東大会では出番がなかった事
考えると、とても期待できるペアではありません

●黒星要因とも言えるダブルスの再登場

河村君はやたらテンションが高く
いきなりバーニングサーブを
放っていくんですけどね

「大丈夫 まかせときなってなモンキー
 !!ストローング!」
といういう、謎の掛け声も登場します。

相手の比嘉中はかなり汚いやつらで
アクシデントに見せかけて竜崎監督を狙ってきました。

相手プレイヤーならまだしも

まったく試合に関与していない
竜崎監督を狙うのはよくありません。

これには不二君も激高

「これが君たちのテニスだったら
絶対にまける訳にはいかない」のだ

ひぐま落しを使用する不二君ですが

比嘉中の縮地法は前後の動きに強く
前のみならず、後ろにも対応できるので

ひぐま落しは元より、白鯨も効果はありません
というより、はずまない打球(つばめ返しも)

左右に動く系統のボールではないので
あまり有効でないのかも

となると、不二君の有効技はいいとこ
バニッシングカット(消えるサーブ)ぐらいになります。

相方も、ハブで狙い撃ちにされるし、3-0とリードを奪われます

たぶん、相手のダブルスは都大会
関東大会で戦ったダブルスよりも強いです

不二は全国に向け新技を習得してきましたが

いきなり新技を使っておきながら、敗北するという
テニプリらしい展開がくると思われました

5-3 あと1ポイント取られたらまけ
ここで不二君は新技、フォースカウンター、蜻蛉包みを発動

●不二君、第4の技

どういう技かわからないのに、なんとページにして
5ページも使ってくるという大盤振る舞いの技です

いままで不二君はカウンターで、相手のボールに回転をかけることで
勝利をつみかさねてきましたが、今回のカウンターは

相手の特殊な回転ボール(大ハブ)の回転を一切なくしてしまう技

さらに、どういう原理かはわかりませんが
近くにある打球がものすごく遠くに感じるという

謎の時間軸設定があります。

特殊なポージングから繰り出された、蜻蛉包みは
相手からポイントを取ります

これでいいとこを不二が取り、最後に河村を狙われて敗北しても
不二君は強かったという、面目がたつと思われましたが

無意味に大技を出してしまった、平子場は疲弊
そのまま不二・河村ペアの勝利に終わりました。

ゲームセットウォンバイ青学

比嘉中は全国って広い、こんな強いダブルスがいるなんて
そういってましたが

不二・河村ペアは全国どころか
地区大会で敗北している事を忘れてはいけない