テニプリ、不二vs白石

vs氷帝戦で、なぜかシングルスとしての出番を
桃城に奪われた不二君、続く全国大会準決勝

シングルス3として起用され、四天宝寺の主将である
白石と大戦することになる

スポンサーリンク

■不二vs白石

※試合はドーム型球場のすごいコートである

第1試合シングルス3 不二vs白石

よい風がふいているので、風を扱う不二君にとっては
有利な状態から試合がスタートされた

前年度四天宝寺は立海にストレートで敗れたものの
シングルス1で部長だった白石とは当たっていない

ゆえに、白石の実力は謎に包まれている

そんな白石のテニスはエクスタシーであり
まったく無駄のないテニスである

だが、白石はいきなり無駄な動きをみせ、不二をホンロウしてきたのだ

●無駄な動きを見せる白石部長

真ん中のポーズは特に違和感はない、普通に前をむいて
返球するよという姿勢であるが

なぜか次の動きは後ろ向きでガニマタチックなのだ
これではわざわざボールを返すときに
無駄だらけの回転しているということになる

無駄のないバイブルテニスとは一体何だったのか?
そういわざるをえない

さらに、白石は普通のテニスをしていくというスタイルだったのに
いきなり特殊な技を繰り出した

それが、これ円卓ショットである

●円卓ショットを繰り出す、白石

ボールには信じられない回転がかけられており
その場でボールが回り続ける超回転ボール

比嘉中の大ハブの方が複雑な回転ではあるんですけどね。

※こんな超次元ショットで正統派もなにもないとは思いますけど

しかも、自分は無駄っぽい動きをしておきながら
不二のテニスを否定

白鯨は格好いい技ではあるが、でも無駄多いでぇ
の一言で返されてしまった

つばめ返しはバウンド前に返されるし、白石のパワーは高いので
ひぐま落しもできなかった

不二は途中まで5-0という大差をつけられることになる

vs聖ルドルフ戦では、相手に精神的ダメージを与えるために
わざと5-0までおいこまれてから7-5で大逆転するという
小技を使い出したが

今回はそういうことはなく、ガチで追い込まれた

時間軸に影響を与える蜻蛉包みは
まだ1回しか使ったことのない技なのに

すでに白石にみきられているし

ここまで不二をシングルスで追い込んだ
プレイヤーは歴史上いなかったかもしれません

というより、不二はシングルスでは負け無し
vs越前(練習試合)でも4-3でリードしたし

氷帝のジロー、立海の切原にも勝利しているのに、このざま

白石さん
不二、手塚クラスと思ってたのに、これではな

竜崎監督
今の不二は手塚をも凌ぐ

圧倒的な評価の差である

しかも、この時点でまだ本気ではないという話になって
越前からは、本気でやってよ と煽られる始末

※一体いつになったら、不二君は本気を出すというのか
今まで全然本気をだしていないし、勝利には執着していない
クールな天才というイメージだったのに

不二はいきなり
「このチームを全国優勝へ、それがボクの願い」とか言い出すし

まじでふざけすぎです

ふざけている不二君は、いきなり新技

鳳凰返し
キリン落し
白竜を披露

取ってつけたようなレベルで新しい技を繰り出していきます
鳳凰とキリンは、前の技と何が違うのかはよくわかりませんでした

白竜は白鯨と違い、戻ってくるボールではなく

真横に飛び跳ねる高速ロブショットみたいな扱いになったので
すごい強技に進化していました。

その後、蜻蛉包みはボクの新しい技の一つでしかなかった
というノリで

第5の返し技(ファイナルカウンター)を発動します

それがこれ、ヘカトンケイルの門番

●ヘカトンケイルの門番

とっておきの技だ、みたいなノリですが
白石戦に完成させたその場しのぎの技にしか見えない

ファイナルカウンターは
今までラケットの表だけをすべらせて回転をかけていた部分を

ラケットの表+裏で回転をかるように変更した技

新つばめ返しですら、ルール的に疑問点がつくような
技だったので、ヘカトンケイルはさらにうさんくさくなりました。

だが、威力は本物、完璧なテニスを信条とする白石も
返せない打球になっていました

※ヘカトンケイルはネットを越えるボールが打てなくなるほどの
超回転がかかっているボールであり、無敵の技である

無敵じゃん・・・不二

チームメイトはそう言っていたが、なぜか白石は途中から
ぎりぎりコードボールを打てるようになり

不二を追い詰め、最後はよくわからないまま
不二が白竜をミスショットして、白石の勝利に終わりました。

白石の表情は、オレが勝ったのか?みたいな顔でしたが

視聴者としても、ここで白石が勝つのは予想外でした