河村、全国大会の活躍 平古場のハブを返せなかった

六角戦では貴重な1勝を上げた河村だったが
頂上決戦 vs立海では当然のごとく補欠だった

全国大会ではvs比嘉中戦
彼はダブルス2で出場する

スポンサーリンク

■河村、全国大会の活躍 平古場のハブを返せなかった

シングルス3パワーファイターのタニシだったので
パワー系の河村がシングルス3を担当すると思ったが
越前が何とかしてしまった。

フラストレーションがたまる河村は
ダブルス2でそのパワーを見せ付ける

ウェルカーム
オラオラ行くぜ、沖縄もえるぜっ!

バーニング!!

でたぁー、河村先輩のバーニングサーブ

今まで特殊なサーブ
不二君のバニッシングカットや
越前のツイストサーブまで

いろいろと解説されたのですが
バーニングサーブだけは原理不明です

河村君が気分でバーニングと言ってるだけなのか
それとも、普通のショットとは弾道が違うのか
謎につつまれています。

●謎につつまれている技、バーニングサーブ

バーニングサーブをかるく返した平古場は
選手ではなく監督を狙う戦術を見せ

竜崎監督にボールをあてようとします。

これを見事に防ぐ河村
大丈夫 任せときなってなモンキー!!ストローング!という
独特な掛け声も出てきます。

※はっきりいって危険な状態でも選手を止める事をしない
竜崎監督を攻撃したところで、相手チームには何の得もないと
僕はおもいますけどね。

※不二君は、これが君達のテニスなら僕達は負けるわけには
いかないよ

みたいな事を言ってましたが、そっちがやるならやってやんよ
というノリで桃城君と越前君が

相手チームの監督を威嚇するショットを放っています

不二君は
「え・・・無関係な人を狙うようなショットをするのは卑怯だと
いったばかりなのに、モモ、越前
 相手を狙うようなショットうっちゃだめでしょ・・・

 後で全員、乾汁のますからね」みたいに思ったかもしれません

ボールが怖くてテニスができるか!!

この試合は監督封じテニスでいくかと思われましたが
平古場は特殊な回転がかかっている技、ハブを披露

河村君はハブに対抗する事ができませんでした。

●こんな特殊な弾道で攻撃されたら波動球が打てない

相手チームは河村を穴と判断
”ハブ”を使い河村君をせめたてます

ゲーム比嘉中 2-0

河村君のほうは波動球さえ封じてしまえば ただのデクの棒

気をつけるべきは天才と呼ばれる不二君だけ
舐められてしまいました。

がんばるよ
全国でナンバー1のパワープレイヤーになるように
そう決意していたというのに

左右に走らされ、特殊な回転ボール”ハブ”にやられ
河村君にいいところはほとんどありませんでした。

青学が勝利できたのは
相手が大ハブという疲れる技をしたあげく
不二君に返され

そのせいで、元のハブの威力が下がったので
河村君でも何とかできたからです

相手チームの監督は
「お前のサーブなら勝利したも当然、ハブを河村はかえせねぇんだからよぉ
みたいに言ってたのに

なぜか大ハブを使わせ、疲弊させましたからね

●河村君はハブを返す事はできなかった

天才不二を警戒して、体力を温存する
平古場のサーブ権ができたら、ハブで河村を完封する

そういう戦術を取ればよかったのです

相手チームのミスにより河村君と不二君は
勝利を収めたといっていいでしょう