ワンパンマン 【感想18】 弟31話のレビュー

前回のあらすじ
バングに恩があるジェノスは
流水岩砕拳を習わない

S級ヒーロー
期待の星、タツマキちゃんが登場

■ワンパンマン 第31話 感想 地球がヤバイ!!

弟31話、感想です

前回、S級ヒーロー+サイタマが
召集されて、タツマキが初登場しました。

そして、今回はS級ヒーローが
召集された理由が明かされます。

ヒーロー協会のシッチさん

「今回は地球を守っていただきたい」

とか言って、机をドンッ!と叩き
真剣なまざしを向けるシッチさん

●説明はシッチさんが担当
●説明はシッチさんが担当

まぁ、地球を守るのはいいんだけど
”今回は”っていうのは何なの?

今までのS級ヒーローだって
市民の為、地球を守る為にたたかってきたんやないん?

なんで、今までのはお遊びだ
ここからが本当に守るべき戦いなのだ
みたいな表現になってるの?

こんなこと言われたら僕はへこんじゃないますね。

そんなこんなでちょっとS級ヒーローへの配慮がない
シッチさんは説明を続けます。

シッチ
「大預言者のシババワ様がなくなった」

「そのシババワ様が地球がヤバい!!
と書置きを残してくださった」

みたいにどーんと地球がヤバイ!と書かれた紙を
S級たちにみせてきました。

これに対してS級ヒーロー5位の童帝君はいいます

●S級の中で最年少の童帝君
●S級の中で最年少の童帝君

なにそれ
くだらないなぁ ボク塾があるから帰っていいかな?」
とこのおっさん何いってんの?という態度をとりました。

そりゃそうですよね。こんな1枚の書置きがあったよ
という事を連絡するためだけにS級ヒーロー
全員を招集するって、ちょっと考えておかしいですものね

スポンサーリンク

しかもS級ヒーローを呼びつけておいて
最終的な話しは、大地震や鬼や竜レベルの怪人襲来よりも

ヤバい事が起きようとしているんだ!!
この半年以内に!!
だから戦いの為の準備はしておいてね

という数分で終わる内容でした。
そりゃ童帝君じゃなくても、なんじゃそりゃ!!って思いますよ。

ぶっちゃけ、その話が重要だからS級を呼んだ、っていうよりは
S級ヒーローってこういう方々がいるよ、という紹介を行う為

漫画の展開の都合上呼び寄せただけですからね。

シッチさんは、この事態がわからんとか
所詮はお子様か

みたいに言ってましたが、僕は童帝君と同意見です。
まじでくだらん話しだわ

●呆れ顔のシッチさんですが、シッチさんの伝え方にも
問題があると思います。

せめて、具体的な日時が分かってるという話しだったら
そりゃ分かりますけどね。
●呆れ顔のシッチさん

むしろ、逆にそういうフラグたてちゃうと
今すぐ何かヤバイの来ちゃうと思いますよ。

■ワンパンマン 第31話 感想 天空王襲来

そして、この発言がトリガーとなり
いきなりヒーロー協会本部の建物が攻撃されました。

攻撃してきたのは

ホーク、イーグル、ファルコン、カイトとかいう
部下を引き連れた、天空王という男で
どや顔でこう語ります。

天空王
「ヒーローとやらがいなければ地上はわしらのものだ
空から見ていたが地底王も深海王ももういない!
一気に地上をいただくとしよう!」

●いきなり予言の敵?天空王
●いきなり予言の敵?天空王

なるほど、地底王と深海王が倒されたから
このすきに地上をせめようという事なんですね。

でも、地底王と深海王のお二人は
ヒーローとやらに倒されているんですよ?

まるで二人の王さえいなければ、ヒーローなんて敵じゃない
みたいに聴こえますが、どう考えても彼らニ王よりも
やっかいな敵はいます。

深海王も地底王もヒーローに倒されていますからね。
このおっさん全然盲目してやがるぜ

そもそもこの天空王というお方
天空という領域はほとんど独占しているわけなんですから

何も地上に出てこなくてもいいじゃない?と思いましたね

そう、考えた場合
深海王や、地底王や天空王が何の為に
地上を欲しがっていたのか、かなり疑問に思いますね。

スポンサーリンク