テニプリ、海堂薫vs越前

校内ランキング戦、海堂が
一番最初に越前とガチで戦った男でした

試合をレビューいていきます。

スポンサーリンク

■テニプリ、海堂薫vs越前

青春学園校内で行われた、代表決定リーグ
越前は海堂と戦っていた

海堂のスネイクは右足から左足へ体重が移動する瞬間に
ラケットを大きく振りぬき異常なスピン回転をかけるショット

リーチが長い海堂だから、できる技らしい

●スネイク、したから上におおきく突き上げ、回転をかけるボール

初期の越前は力を出し切っていない風ではあるが
海堂相手に、ほぼ互角の勝負を繰り広げていた

だが、越前は疲れ始める

海堂はスネイクを使い左右にボールをちらし
越前を走らせて、体力を疲弊させる作戦に出る

じわじわといたぶっていくのが海堂のテニスとの事

※初期のころ海堂はマムシと呼ばれていたが
物語後半、誰も”マムシ”と呼ばなくなりました

マムシ有利に事を進めていたのですが、越前は低く深い打球を
毎回足元へ返す作戦に移行

ヒザをまげっぱなしでショットをさせられることを強要された海堂は
通常の2-3倍の体力を使うことになり、体力的においつめられてしまった

海堂といえば、体力おばけで走りこみの鬼
どんなボールにもしつこく食いつき、相手が疲れるまで
ねばっこく勝負を継続していく男

そういうイメージがあったのだが、ヒザを曲げっぱなしショットで
ここまで疲れるものなのだろうか?

体力が少なそうである1年生の越前より長時間勝負ができない
という事ですからね?

海堂の体力お化け設定にかげりが見えてきた瞬間である

●疲れる海堂 1年生より体力がない?

相手の作戦にはまった海堂は精神的披露もたまり
徐々に越前に追い込まれる

越前は、海堂が弱っているのをいいことに
バギーホイップショット(スネイク)を披露

越前
「偶然さっき読んでた雑誌に打ち方がのってたし
先輩が使ってたから、やってみたんですけど
やっぱリーチないときついっすね」みたいなノリで海堂を煽った

海堂は

オレが苦労して身に着けたスネイクをこんな簡単に真似するなんて
みたいな感じでショックを受けていたかも

一応、海堂さんのよき理解者である乾さん曰く
海堂のスネイクは遠心力を利用してボールに大幅なスピンをかける

海堂のスネイクはそれを応用した物
テクニックがいるから、それを完全にまねすることはできない

そうおっしゃってましたが

海堂の表情をみるに、そんなに違いがないのかもしれません

※せいぜい、不二君のつばめ返しと
ほうおう返しぐらいの違いではないのだろうか?

そして試合は6-4で越前の勝利に終わった
越前は精神的に相手をはめ、有利に戦った
そう言われていたが、思いのほか接戦だったのが驚きだ

むしろ、越前から4ゲーム取る海堂って初期のころは
相当な強敵として描かれているだろう

試合に負けてしまった海堂は自らの失態をはじ
自分のヒザを攻撃

不利な状態で明日の試合に望むことになる

●じ・・・自分のヒザを攻撃した

手塚部長がこの試合を見ていたら

ラケットは人を傷つける道具じゃない
そう言われても文句はいえない

海堂は1年以上部長手塚の下トレーニングをしてきたというのに
部長から何を学んできたのか

まぁ、相手を傷つけるのはNGかもしれないが
自分を攻撃する分には
セーフというのが手塚理論かもしれませんけどね

※手塚も大幅に負担がかかる技を使用したので
自らの腕を追い込んでいる事実がありますので