テニプリ、海堂の都大会の活躍を振り返る vs聖ルドルフ

地区大会ではポール回しショットを見せ
不動峰NO3の神尾を撃破した海堂

都大会にもレギュラーとして出場する

スポンサーリンク

■海堂の都大会の活躍を振り返る

都大会の3回戦は手塚もシングルスで出場しているので
海堂の出番はなかったものと思われる

4回戦は3試合で終わったので、当然海堂に出番はない

ベスト8戦の聖ルドルフでは
ようやく海堂の出番がやってきた

~vs聖ルドルフ 海堂のダブルス~

海堂とペアを組むのは同じ2年生の桃城
二人は入部したときから、そんなに仲がよくないペアである

しかも、都大会の桃城はダブルスが苦手という設定もあるので
この勝負は厳しいものと当初は思われていた。

だが、桃城、海堂は意外とやるようで
桃城は前衛をブラインドに使ってダンクスマッシュ

海堂は上手くポーチにでるし、二人とも冷静
テニススクール組みの柳沢と木更津ペアを相手に
2-1とリードを広げます

ちなみに、聖ルドルフは海堂のスネイクを相当な強技として
認識しており、スネイクを出そうとする海堂に対して
即反応していた。

マネージャーの観月君曰く

桃城のダンクスマッシュを封じる必要がある
とにかくロブを上げてはいけない

ロブを打たざるを得ないのは、海堂のスネイクだけだ

だから、スクールのコーチに頼んで、二人とも
バギーホイップショットの対策を練ってきた
そう語っていた。

海堂のスネイクを封じることにより、桃のダンクスマッシュも封じる
一石二鳥の作戦だったのだ

だが、観月君は忘れていた、海堂という男の本気を
チームメイトがかってにつけた、ブーメランスネイクという技を

地区大会から都大会までのわずかな期間で
海堂のブーメランスネイクは7割がた完成していた

シングルスコートに狙ってブーメランスネイクを落とすことはできないが
ダブルスコートだったらブーメランスネイクを入れることができる

●海堂のブーメランスネイク

ネットの横を通って、また向こうのコートにいれたーー

観月君はブーメランのことを知っていていたのだが
あれは偶然の産物1回こっきりだったはず!!みたいなぬるいことを言っていた

乾は
「今の技の習得方法は俺がみつけた」そう言っていたというのに

観月マネージャーは
もう少し都大会のライバルになる青春学園のデータ収集を
きちんとして欲しいと思いました。

ブーメランスネイクに意識がいきすぎた柳沢は
今まで何度も練習してきた通常スネイクにもひっかかり
打ち返すことができなかった

●通常のスネイクを返せない柳沢

木更津も同様にスネイクには反応できたがロブを上げてしまい
桃城のダンクスマッシュが発動

桃城、海堂のペースになる

その後、スライス回転のロブでボールを返すという小技を
聖ルドルフ側はみせたが ※スライス回転のロブはなかなか落ちてこない

滞空時間の長い桃城はダンクスマッシュに成功

柳沢がノックダウンしたので
海堂、桃城ペアの勝利にきまった

テニプリは当然バトル要素もあるのだが

明確にKO勝利が最初に描かれたのは
桃城のダンクスマッシュが初だった。

※実は桃城のダンクスマッシュは波動球クラスという設定が
最初にあったことを忘れてはいけない

~準決勝以降の闘い~

ベスト8で勝利した青春学園は、ベスト4銀華戦を不戦勝し
決勝に進出

目つきの悪い海堂と目つきの悪いアクツの
ガン飛ばし対決も期待されたが

河村がダブルスに出場したために、海堂は補欠だった

都大会における、海堂の活躍は1戦だけ
1勝0敗で終わった

個人的にはロブをあげざるをえない、海堂のブーメランスネークと
ロブにたいして、強力な一撃を放つ桃城のコンビは
相当に強いと思う

それなのに、シングルスプレイヤーである不二をわざわざ
ダブルスで使い、河村とコンビを組ませているのだろうか?

ダブルス2 桃城、海堂
ダブルス1 大石、菊丸
シングルス3 越前
シングルス2 不二 or 河村 ※パワーファイター対策
シングルス1 手塚

実際これがベストオーダーだと思うんですが
実際の山吹戦では、シングルス3に桃城ですからね

なぞの采配が発動し、海堂は都大会
それほど出番がなかった