海堂、関東大会の活躍 vs葵剣太郎 vs立海ゴールデンペア

ついにブーメランスネイクを完成させた海堂
緑山のモブを倒し、全国大会出場を決める

続いての試合はvs六角

スポンサーリンク

■海堂、関東大会の活躍 vs葵剣太郎 vs立海ゴールデンペア

~vs 葵剣太郎~

関東大会準決勝vs六角戦
ダブルスで2連勝したので、海堂が負けても
特に問題ない試合となっている

対戦相手の葵剣太郎(あおい けんたろう)は
1年生で六角の部長になった実力者

※六角の部長はテニスの実力で決められるので
佐伯よりも剣太郎の方が強さは上

だが、海堂は動じない、連続でスネイクを決め
フィニッシャーはブーメランスネイク

4-0とリードを広げる

ブーメランスネイク強すぎると周りは騒ぎ立てていたが
剣太郎は自分にあえてプレッシャーを与え

そこから緊張感を楽しみながら逆転するのが
剣太郎のテニス、ゆえにわざと4ゲームも取らせていた

※この試合に全国大会出場がかかっていた場合許されないが
すでに六角も青春学園も、全国大会出場を決めている

負けてもいたくはない、ゆえに勝手が通っているともいえる

剣太郎

「この強い相手にゲームカウント0-4という大ピンチから逆転できれば
ぼくは全国で女の子にモテモテ・・・」らしいです

今やってるのは関東大会だから、関東の女の子にモテモテなら
わかるんですが、全国とは気がはやい

●わざとゲームを取らせる剣太郎

その後、コードボール戦術を取る剣太郎ですが
海堂は、しぶとく食らい付きそのまま逆転
7-5で海堂が勝利を収めた

※試合途中、海堂は目を怪我して血が出てきたが
審判は試合を止めなかった

~関東大会決勝 vs 立海ゴールデンペア~

相手がわざと4ゲーム取らせてくれたので、勝利を収めた海堂は
決勝戦のvs立海戦 桃城とペアを組んで試合に出場した

立海大付属は男子校のイメージがあったが
普通に共学で、立海は他校とは違いチアガールを用意していた

青春学園も約1名ほどチアガールをかってでてくれていた
数の差は圧倒的である

●立海のチアガール

全国大会でもチアガールの活躍に期待が掛かったが
なぜか彼女達は全国大会に出てくることはなかった

そして試合がスタート、気分よくブーメランスネイクを放った
海堂だったが、立海最弱の呼び声が高いジャッカル桑原さんが
ブーメランスネイクを真似してきた

海堂さんと言えば、圧倒的な精神力と
どんなときでも食らいついていく、ねばりっこいテニスが特徴だが

たかだか一回ブーメランスネイクを真似されただけで
メンタルが崩壊していた

●やる気を失う海堂クン

だが、桃城に発破をかけられ、何とかよみがえった海堂は
ショートスネイクという新技を使い
立海ゴールデンペアに食らいつく

ショートスネイクとスネイク、何が違うのか
コマを観ているだけではわかりませんが

多分、飛距離の問題なのでしょう
後、ショートスネイクはボレーのような攻撃であるらしい

前衛の丸井を封じ
後衛のジャッカルとの勝負に持ち込む海堂

4つの肺を持つ男と持久力勝負になった
その勝負を制し、何とか1ゲームを取る青春学園

5-1と大幅にリードされているが

立海ゴールデンペアが1ゲーム取られるのは
関東大会初である事を考えると

桃城、海堂ペアはよくやっている

のっていく海堂はリバーススネイクという新技も披露
今までのスネイクとは、逆の軌道になる技だ

※通常スネイクは左、リバーススネイクは右

めちゃくちゃせめたてているが
現在、丸井とジャッカルは重いリストバンドを付けている

それでマッチポイントまで追い込まれてしまっているので
ショートやリバースがどこまで強いのかわからなくなってきた

立海ゴールデンペアは最後にちょっとだけリストバンドを外したが
6-1で海堂、桃城ペアの負けとなった

海堂の関東大会の戦績

1戦目 vs 氷帝ゴールデンペア 3-6 ●
2戦目 vs 緑山のモブペア   6-1 ○
3戦目 vs 六角、葵剣太郎   7-5 ○
4戦目 vs 立海ゴールデンペア 1-6 ●

氷帝、立海の最強ダブルスと対決しているので
相手が悪かったともいえる