テニプリ、全国大会、海堂の活躍を振り返る

関東大会は総合成績2勝2敗と
並みの成績だった海堂薫

全国大会ではオールダブルスだった
彼の活躍を振り返っていきます。

スポンサーリンク

■テニプリ、全国大会、海堂の活躍を振り返る

~海堂vs比嘉中~

菊丸がシングルスに勝利したので、ベスト8進出が確定した青春学園
海堂は乾と組んだダブルスで消化試合に挑む

対戦相手は、誰よりも深く海に潜ることができる男
比嘉中の不知火だ

比嘉中はレギュラーの実力をテニスの強さではなく
すもぐりの時間で決定した事実があるので

不知火は監督基準では比嘉中最強の男かもしれない
※誰よりも長時間海に潜ることができる男は不知火さんです

●比嘉中の不知火

ダントツな肺活量と忍耐力を持つ不知火よりも
海堂はスタミナがある

6-3で普通に撃破した
ジャッカル桑原戦をみる限り、持久力自慢には
持久力キャラの海堂をあてていくのが、基本的に青春学園の戦術

~海堂vs氷帝(日吉、向日ペア)

青春学園のシングルスではいまいちと思われている桃城が
氷帝の天才とそこそこいい勝負をしたので
たぎっている海堂は

日吉、向日という、氷帝のお笑いペアと対戦する

海堂は地区大会時代、神尾に対してラケット攻撃をして
手塚部長にしかられた事があった

この氷帝戦でも、お前らが負ける確率は100%やぞ
みたいなノリで煽られたので
ここでもラケット攻撃を繰り出してきた

●デタラメいってんじゃねーぞこらぁ!

向日は攻撃をよけ、日吉は攻撃を防いできたのだが
この事実を審判は華麗にスルー

向日さんは上には上がいる事を教えてやるよ と
テニスで勝負する気マンマンだったが
ラケットで攻撃されたアピールをすれば

氷帝の不戦勝に終わったかもしれない

海堂はお得意の体力削り戦法を用いて
持久力のない、向日、日吉の体力を削っていく戦法を取る

体力が落ちた、氷帝ペアに対して
海堂は新技、トルネードスネイクを披露した

トルネードスネイクは、ボールがうずまきのように回転しながら
相手コートに落ちる技

●トルネードスネイク発動

この動きだけを見ると、物理法則を完全に無視しているが
比嘉中のハブという技のほうがよっぽど意味不明な動きをしているので

海堂のトルネードはそれほどすごい技に見えなかった

というよりも、試合のほうは海堂の新技がすごいというより
相手がアクロバティックだの演武だの勝手に騒いで勝手に疲れて
自滅したような試合だった

特にムーンサルトとかいうのは意味がわからない
あんなに不必要なジャンプをしていたら
ボールがどこにあるか見えづらいし

逆に打ちづらいと思う
菊丸の場合、左右のボールに反応するために横っ飛びしているので
理屈はわかるのですが

向日は縦のボールに対して
無意味なジャンプをしていますからね

日吉は古武術の動きをテニスに取り入れているだけなのに
なぜか向日と同様攻撃的なテニス?といわれて
体力浪費キャラにさせられていましたけどね

結局試合のほうは長時間戦い抜く体力と
左右に走らせる各種通常スネイクで相手を疲弊させる

海堂の戦略にはまり、氷帝ペアはあと1ポイントが取れずに
敗北してしまった

※この試合でトルネードを出す意味はほとんどなかったので
無意味に新技を披露しただけに終わった