テニプリ、伊武深司(いぶ しんじ)について語る

不動峰のエースプレイヤー
伊武深司(いぶ しんじ)君
彼について確認していきます。

スポンサーリンク

■テニプリ、伊武深司(いぶ しんじ)について語る

伊武は初期の頃、地区大会レベルの強豪チーム
柿ノ木の九鬼さんをまったく寄せ付けない実力だった

九鬼さんの決めせりふは
「お前は強かった、だがオレはもっと強かった」みたいな奴である

地区大会決勝では越前と対戦
現在不動峰は1勝2敗

作中初のシングルスで越前が負けるわけにはいかないので
この時点で、伊武君の敗北はほぼ決定していた

彼は越前がツイストサーブをしたことに大層驚いており
3回連続でサービスエースを取られてしまった

ゼロ式サーブならわかるが、ただのツイストサーブでこの体たらくである

まぁ、初期の頃のツイストサーブは逆回転のサーブ!!
こんなサーブを打てる1年生がいるなんて信じられねぇ
みたいなノリだったので、伊武君が返せなかったのも無理はない

●ツイストサーブにホンロウされる伊武

伊武君は集中しだすとぼやきだす癖があり
大石にかわいがられている越前に対し、嫉妬

自分は1年の頃、心ない先輩にひどい目にあわされていたので
ムカつく越前を目の敵にした

越前にできるサーブは自分もできるんだよ!!
みたいなノリでツイストサーブとほぼ同じ原理である

キックサーブを放った

※自分もツイストサーブ系がうてるのに、なぜツイストサーブで
3連続エースを決められてしまったのかは謎である

それから、伊武君はキックサーブのみならず
スポットという技が使えた

トップスピンとスライス回転上下回転のショットを交互に何度も
打つことにより、相手の筋肉が縮みあがる「スポット」という
マヒ状態にすることができる

マヒ状態はほんのわずかではあるが、この状態を見逃さず
相手の隙をついてポイントを取るというものだ

●スポットという技

だが、スポットには弱点がある
一つ目は左右どちらでも打つことができる越前は

ラケットをスイッチできる、ゆえにスポットは通用しない

また、体の正面に来る打球はトップスピンが打ちづらいという理論により
相手にスライスしか打たせない

そうすればスポットにならないという事だ

後半のテニプリではこういう一時的な麻痺ではなく
パワーで相手の腕を完全に麻痺及び
破壊していくのが普通になっていくので

スポットをメインにしている以上、伊武君に活躍の機会が回ってこないのは
当然と言える

~伊武さんスーパーテニスを破る~

地区大会、コミックス4巻辺りに1回試合をしただけで
その後は完全に空気となる伊武、ちょこちょこ試合はしたのだが

大体雑魚を1ページで倒す描写しかなかった

全国大会では金太郎に軽く腕を破壊され試合を棄権
やっぱり、ちょこちょこ麻痺させる技より

物理で攻撃するほうがよっぽど強いのである

金太郎からは
「最後まで試合できねぇのかよ、何なの?」みたいなノリで
煽られてしまった

作中最後の活躍はスーパーテニスを使ってくる門脇さんとの対戦

スーパーといいながら普通のテニスだった門脇を撃破した

●普通じゃん

これがそこいらのモブであった場合、勝利には何の価値もないが
一応相手は前年度全国大会準優勝チーム、牧ノ藤の主将である

それを考えれば、伊武君はこれで全国区になったとも言える