テニスの王子様、真田弦一郎の強さと戦績について

中学生テニヌプレイヤーの中でも、頂点に近い男の一人
真田弦一郎、彼の強さと戦績について
確認していきます。

スポンサーリンク

■真田の強さと戦績について

神奈川を圧倒的な強さで勝ち上がった立海の真田
関東大会でついにその強さを見せ付けるときが来た

1回戦はvs銀華中
福士ミチル率いるお笑いチームである

銀華三昧というオリジナルの乾汁を開発し強化を目論んだが
乾汁の負荷に耐えられず自滅、真田達は不戦勝を納めた

▲1戦目 vs錦先輩 6-3 ○

立海のOBである錦先輩と対戦した真田
6-3で勝利した、OBは受験でブランクがある
現役の我々が負けるわけないでしょう?みたいなノリで調子こいていたが

立海大付属中学は付属だから、受験は関係ないのでは?
実質真田が強かった、それだけの話である

▲2戦目 vs 伊武、神尾ペア 6-0 ○

関東大会の1回戦は不戦勝、2回戦は3連勝で終わったため
真田の出番はなかった

ベスト4の不動峰戦では柳と組んでダブルスに出場
シングルスの動きしかしていないのに、不動峰NO2、NO3のダブルスを
6-0で撃破した

試合内容は完全にカットされていた

▲3戦目 vs 越前リョーマ 5-7 ●

オレ達立海は無敗のまま全国3連覇をなしとげる!!
そう大見得をきって、越前と対戦した

越前戦ではその強さをついに開放
風と火を使い、越前をおいつめた

本当の風は越前の物より3倍速く
グランドスマッシュ火はパワーで劣る越前をよせつけない

ぶっちゃけ圧倒的に越前を上回っている描写だったが
越前が無我の境地で強くなり知らないうちに
ポイントを取られてしまった感がある

1-5で後1ゲーム取れば、真田の勝利というところまでいきましたからね

越前は無我でせめてたてて疲れてるし
山でじっくり持久戦を出せば、そのまま勝利していたと思います

真田の敗因は無我の境地を恐れるがあまり
山と林を使わなかったことです

作中では、無我の境地で真似されてしまうから
残りの風林火山を出すことができないと言われてましたが

無我の境地を使える手塚に対しては6つの技すべてを総動員して
勝利していますからね。

それよりも、真田は無意味に無我を出したのもだめだったと思います。

▲4戦目 vs 筧 6-0 ○

全国大会に出場した真田は、偵察に余念がない六里ヶ丘の筧

柳生という立海下位メンバーのデータを取っただけで
調子こいていましたが、真田の敵ではなかった

▲5戦目 vs 北垣内 6-0 ○

兜中学というモブと一応対戦した真田
圧勝である

▲6戦目 vs セルゲイ 6-0 ○

名古屋星徳という、準決勝で
レギュラーを全員入れ替えてきた中学と対戦した真田

手塚のために取っておいた2つの究極奥義で
外国人テニスプレイヤーセルゲイを圧倒

真田は全国無敗をかかげていたが、この試合で切原を覚醒させるために
他のメンバーはわざと負けたことをどう思っていたのだろうか?

▲7戦目 vs 手塚 7-5 ○ 

手塚ファントムvs雷の闘いを制した真田

真っ向勝負をすて林を使い、むこうにはいらんかー とわめきだして
ボールを操作してきた

雷はあまりにも強く、自らの体に負担をかけるが
ファントムも手塚の腕を破壊したので、余力を残していて
真田が勝利した格好となる

テニプリ内において、真田は6勝1敗と
すばらしい勝率を残した

全試合本気で戦っていたら、普通に全勝していただろう