ダイの大冒険、チウとは一体何だったのか

ダイの大冒険で、ちゃっかりパーティーについてきたチウさん
彼について確認していきたいと思います。

スポンサーリンク

■ダイの大冒険、チウとは一体何だったのか

初期の頃は結構人相が悪く
マァムに近づいていたポップを恋敵と認識して攻撃してきた

●人相、いやねずみ相が悪い

チウは拳聖ブロキーナに拳法を習った空手ねずみ
小さいありには自信家で

まぁ ゆっくりとぼくの強さを見ていてくれたまえ
どうしてもっていうなら仲間になってあげてもいいよ みたいな感じで
めちゃくちゃでかい口をききます

窮鼠文文拳という独自の拳法を使い
攻撃をしかけるのですが、名前も知らないような
あきらかなモブキャラに敗北することになります。

大岩は結構簡単に破壊できるのですが

手足が短いチウは相手に攻撃が届かない
それは武闘家としては致命的な弱点

ゴメス(モブキャラ)に攻撃が届かず敗北

試合でいいところがなく敗北したばかりだというのに
まだマァムの事を狙っていて

とにかく格好良く闘い勝利し
マァムにいい所を見せたいねずみなのだ

ポップも当然マァムを狙っているわけだが
チウは手切れ金として2ゴールドを渡して

ポップがマァムから身を引くようにお願いした

※たった2ゴールで意中の女をあきらめてくれる男が
この世にいるのだろうか?

ドラゴンキラーという武器が2万ゴールドである事を考えると
2ゴールドではラーメンも食べられないだろう

いいかえれば、マァム<ラーメン
チウさんはそう言ってるのと同じことなのだ

~チウさん体当たり系は結構強い~

上記の通り格好よくパンチやキックを使い闘う場合
チウさんは弱いのだが

体当たりなら以外にも活躍できていた

チウは3年近くトレーニングをしていたのだが
人間のカッコイイところにばかりあこがれ
自分の特性を理解していなかった

ゆえに、短い手足でキメようとしたため
勝敗がついてこなかった

※というより3年もプロキーナ師範の下トレーニングをしているのだから
師範はもう少し、チウさんに武術のやり方を
おしえてあげてもいいのではないでしょうか?

●窮鼠文文拳、あきらかに師範の技じゃないやろこれ

そんなチウさんはマァムがダイパーティーに再加入したので
自分もダイパーティーに加入し、マァムを狙うこととになる

ヒュンケルがやってきたときには
また、妙な男が出てきた、マァムさんって見た目ほど
清純系じゃないのかもしれない みたいな感じで

マァムの男性交友関係をいぶしがっていた

クロコダインも最初はマァムの男だと思っており
マァムさん、趣味悪いと言っていたのだが

クロコダインさんは獣王であり頭があがらなかった

チウは獣王遊撃隊という隊員をスカウトしており
パピラスやマリンスライムを自分の配下においた

仲間になっているモンスターは、チウさんよりもかなり優秀な
奴らがそろっていて、特にオリハルコンの金属生命体のヒムさんは

チウとは比較にならないくらい強い

そのヒムがヒムちゃんだのヒーたんだの呼ばれて
チウの配下にいることが信じられない

強い味方を仲間につけることも己の強さと仮定すると
チウさんはかなりの実力者と言えるのではないだろうか

実はクロコダインさんもチウの事を思いのほかかっていて
こいつはいずれ大物になるかもしれんと言ってたし

ダイ捜索という重要任務を与えられたときは
いっしょにつれていってくれた

●ポップよりチウを使うクロコダインさん

チウもクロコダインに恩義を感じているためか
獣王激裂掌のトレーニングにつきあってあげていた

最終決戦はクロコダイン同様ほぼ万全だったが
おっさんと同じ扱いであり、大魔王にとってはレベル外だった