聖闘士聖矢、星矢 ペガサスのクロスを手に入れる

聖闘士聖矢の主人公、星矢
彼がペガサスのクロスを手に入れた、初期の頃をレビューしていきます。
※下記内容はコミックス1巻の内容

スポンサーリンク

■聖矢さん、ペガサスのクロスをかけて闘う

セイントになるために修行を重ねてきた聖矢
明日はいよいよセイントになるための最終試験

今まで一度も勝利したことがないカシオスに勝利しなければ
ペガサスのクロスを身に付けることはできない

初期のカシオスは完全に聖矢の事を軽んじていて
聖矢は練習試合で一度もカシオスを倒せなかった

魔鈴さんがvsカシオス戦シミュレーションを100回も
やってくれたので

何とかコスモを見に付けた聖矢は、次の日
カシオスと対戦する

二人はこれまでそれぞれ9人の戦士と闘い勝ち抜いてきた
残った戦士は2人だけ、今日戦って勝ち残ったひとりが

アテナの栄誉あるセイントとなることができ
ブロンズクロスも手に入るし、行方不明のお姉ちゃんも見つかるし
彼女もできるのだ

聖矢は6年前、クロスを日本へもって帰るために
ギリシャへやってきた ※というよりサオリお嬢様の財団が勝手に送った

考えても見れば異国の地に7歳の少年を一人置き去りにしたようなものだ
人権とは一体何だったのか、そういわざるをえない

聖矢はついてそうそう、仮面のあやしいおねえちゃんにからまれ
この岩をわってみてよとむちゃぶりをされる

※ドラゴンボールの修行だって岩を割るにはそれなりの
ステップを踏んでからやっているので
いきなりじゃあ心の準備はできない

セイントになるためには、このくらいのことは簡単にできなくてはならず
サンクチュアリに来た以上、どうしてもクリアしなくてはいけない

8歳になった聖矢は断崖絶壁の真上で足のみを使った腹筋?を
1000回やるというトレーニングを行っていた

シャイナさんの台詞からみると
600回以上は行えていた

この世界観ではクロスを見につけたものだけがセイントになれ
超パワーアップを果たせる、みたいな話だったと思うが

ただの雑兵レベルの星矢でさえ、こんな事ができるのだから
すごい

腹筋?でパワーアップした聖矢は3年後
それなりの大きさの石を割るトレーニングをします

3年もたつのにこんな石一つ割れないのか?みたいな感じで
魔鈴さんは煽ってくるわけなんですが

ビール瓶や瓦じゃないですからね?

格闘技日本チャンピオンのミスターサタンですら割れるかどうか
あやしい代物です

力を込めれば原子は破壊できるというパワーワードを元に
6年後、ついに拳にも蹴りにもセイヤの気と力が集中し、地面を破壊していきました

カシオスを圧倒するセイヤは調子に乗り
おまえは自分の体内に宇宙を感じたことがあるか?

と圧倒的厨二病な発言をし

ペガサス流星拳を発動させます
試合に勝利した聖矢は見事クロスをGet

明日堂々と日本に帰ることが決定しました。

おもしろくないのはカシオスの指導をしていた
シャイナさんとその一派です

正式な手順でクロスを手に入れた星矢に対し
卑怯な手段でクロスを奪還しようとします。

初期の教皇(サガ)さんは
私欲や私闘のために、力をフルってはいけない
正義のためにたたかうのが、われらセイントなのだ

みたいな事をいっていたのだが
末端は全然、そんなことおかまいなしでした

会社の社訓なんて、社員にはかんけいねぇんだよ
オレ達はポメラニアンじゃねぇんだよ というノリである

ぶっちゃけ、そんな奴らにクロスも力を貸す分けない
逆にペガサスのクロスは聖矢に新たなる力をもたらした

進化したペガサス流星拳は1秒間に100発のパンチが放てる
※カシオス戦では1秒間に85発打てた

ゆえに、パワーアップしたといっても
せいぜい2割くらいだった

ペガサスのクロス
「いうて数時間やぞ?数時間で2割もパワーアップできれば
十分やないかい」

シャイナさんは1秒間85発の攻撃は簡単にさばけたのだが
100発になっただけでマッハを超えた?

まるで拳が見えなかったとかほざきだし
がんばれよ聖矢、みたいな感じで聖矢を
日本へ送り出した

【同一カテゴリの記事はこちら】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする