ワンパンマン 【感想20】 弟34話後半、弟35話 タツマキちゃんがすごい、童帝君は微妙

前回のあらすじ
メルザルガルドは余裕と言ってたが
実は苦戦している。

ボロス様の鎧が壊れてパワーアップ

■ワンパンマン 第34話 後半 感想 タツマキちゃんがすごい

サイタマがボロスと闘っている間
地上にいるS級ヒーロー達はメルザルガルドと交戦していた。

最初は余裕なんだよっ!!見たいな態度をとっていた
メルザルガルドも思いのほかS級ヒーロー達が強かった為か

宇宙船へ援護の依頼をします。

にやりとしながら、これもらったろ!!
っていう表情のメルザルガルド

S級ヒーロー達も、こりゃやべえええ
と思ったかどうかは分かりませんが
ここで超格好いい、タツマキちゃんが現れます。

●めっちゃいけガールなタツマキちゃん
●めっちゃいけガールなタツマキちゃん

手を広げて、砲弾を止めたぁーー

そして姉御肌のタツマキちゃんは
仕方ないわねぇ
っていう顔をしながら、お説教してくれました。

タツマキ

「どいつもこいつも、私がいないと駄目ね!
雑魚一匹に手間取ってるし・・・
もう一回C級から出直したらどうかしら!」

●この、しょうがないわねぇ っていう表情が良すぎる
●この、しょうがないわねぇ っていう表情が良すぎる

そして砲弾を打ち返されて、宇宙船は
それなりのダメージを負ったと思います。

同じS級でも、タンクトップマスターとかは
大き目の瓦礫を飛ばすだけだったのに

タツマキは相手の主砲を弾き飛ばす
何だ・・・この圧倒的格差は

さすが、メインヒロイン枠は格が違うわ

スポンサーリンク

■ワンパンマン 感想 第35話 やるせない童帝君

前回、圧倒的な超能力出力を見せたタツマキ
宇宙一を自称していた、ゲリュガンシュプとは
なんだったのか

と言いたくなるほどのパワーを見せ付けます。

そういえば、前の話しで童帝君は
空中への攻撃手段は無い困ったな

みたいにいってたのに、タツマキなら
素の超能力で空中に攻撃できるんじゃないの?

童帝君、頭脳担当みたいな態度だったのに
味方の戦力を全然把握してないのね

第一あのコマにタツマキも一緒にいましたよね?

●童帝君と一緒にいるタツマキ
●童帝君と一緒にいるタツマキ

それなのに、タツマキはなんで、自分なら余裕よ
みたいに、すぐ言わなかったのでしょうか?

まぁ、その後、私一人なら余裕だからねっ
とか言い出した気はしますが、ちょっと静観してましたね

察するに、自分以外のS級ヒーローがどれだけできるのか
あの場で戦力を測ろうとしていたのでしょう。

微妙な発言をしてしまった童帝君
ついでに、空への攻撃手段が無いキングは
タツマキの中で株が下がったと思います。

ちなみに、童帝君は
ちょっとやるせない表情をしていまいた

●やるせない表情の童帝君
●やるせない表情の童帝君

童帝

「なんだぁ、攻撃手段あるじゃない
空中にいられたら、攻撃手段がなくて困る
とか言ってた僕が、ばかみたいじゃないか」

と思ったに違いありませんね。

タツマキの活躍がよい刺激となったためか
他のS級ヒーローもふんばります。

勢いにまかせて、メルザルガルドを撃破
後はタツマキが空中にいる宇宙船をなんとかしてくれるだろ
みたいな雰囲気になりました。

~その頃宇宙船~

一方その頃宇宙船内ではボロスvsサイタマのバトルが
繰り広げられました。

このガチバトルはワンパンマン史上でも
トップクラスに格好よくて、作画も構図もすごくよかったです。

スポンサーリンク