ダイの大冒険、ヒュンケルの技について語る

ダイの大冒険、魔界剣士ヒュンケルさん
彼が作中はなった技について確認していきたいと思います

■ダイの大冒険、ヒュンケルの技について語る

●アバンストラッシュ

ヒュンケルも一応不完全ながらアバンストラッシュを放つことができる
だが、空裂斬をヒュンケルは使えないので、半分程度の力しかない

○ブラッディースクライド

アバン流刀殺法をうち破るために、ヒュンケルが独自にあみだし必殺剣
ブラッディースクライド

幼少の頃のヒュンケルが一人で編み出したので
所詮子供の技と思われていたが、ハドラーはこの技で倒されている

ハドラーは意外ともろく、全然ヒュンケルの攻撃を防げない
通常攻撃をヘルズクローで防ぐだけで精一杯だった

※ヒュンケルがアバンから卒業したのも10歳にみたいな子供時代です

○海波斬

ラーハルトのスピードに対抗するために出した最速の剣
だが、ラーハルトのほうがヒュンケルより早かったので通用しなかった

○海鳴閃

ラーハルトからゆずり受けた鎧の槍から繰り出される
最速の技、とにかくすばやい動きで

相手はきられたことにもきづかないまま、この世を去ることになる

フレイザードと同じ鎧を装備しているリビングデッドアーマー3体が
知らぬ間に倒されていた

○地雷閃

力の技、同様にリビングデッドアーマー2体がまとめて
倒された技

●闘魔くぐつ掌

初期のヒュンケル最大級の奥義、魔道の技ゆえ
2度と使うまいときめていたが、ミストバーン戦で披露

ミストはこの技をヒュンケルに教えておきながら
解き方はマスターしていなかったらしい

己の力技でくぐつしょうを退けただけとなる

ミストバーン曰く
「初期のヒュンケルの闘魔くぐつ掌は最強だった
光と闇二つの闘気を持つヒュンケルだからこそ

私のくぐつ掌よりも性能がよかったのだ
光の力に目覚め、闇の力を失った時点で
おまえは昔よりもはるかに弱くなった」らしいのだが

完全の闘魔くぐつ掌は初期のダイがうちやぶっている
どう考えても昔より今のヒュンケルのほうが強い

○虎空閃

ミストバーンの闘魔滅砕陣をうちやぶったあとに
はなった技、ダイの空裂斬に似ている技である

真の正義の戦士でなければできぬ、アバン流最高奥義
”空”の技

これを身につけられたという事は、ヒュンケルは完全な
アバンストラッシュを放つことができるし

正義の力が増大したということはグランドクルスも
力を増すという事になる

そもそも、ヒュンケルの光の闘気が強すぎたために
幽霊体となっているミストはこの世から消されてしまったのだ

闇に属していたヒュンケルってやっぱり弱いんじゃないのか?
そういう疑惑がうまれてくる

●グランドクルス

自爆の技にしてヒュンケル最大の奥義、十字になっている状態じゃないと出せない
原理不明な闘気技である

本来剣を使えない時の切り札としてアバンがヒュンケルに教えた奥義
力のコントロールがむずかしいので、ヒュンケルの捨て身センスがなければ
威力が発揮できない

アバンが使えるグランドクルスはヒュンケルよりもよっぽど弱い

この技はヒムも一度みており、何とか真似することができる
実はヒュンケルのグランドクルスは作中1回しか成功してないことも
覚えておいてください

vsミスト 光の闘気や虎空閃で闘っておりグランドクルスの出番はない
vsヒム  グランドクルスを繰り出そうとしたが失敗に終わる
vs牢獄  グランドクルスをやろうと思ったがかわりにヒムがやった

vsラーハルト まぐれのグランドクルスが発動して勝利

こうなっている

vsハドラーは一応成功したのだが、ハドラーは味方を盾にして
グランドクルスから生き延びているので引き分けといったところか?

○アバン流奥義 無刀陣

vsバラン戦で発動する予定だった技、自分の闘気を極限まで0にして
相手に全力の攻撃をさせる、そのスキをついてカウンターをお見舞いする技
アルビナスが邪魔をしてきたので、カウンターで迎撃した