ダイの大冒険、メルルがかわいいので語る

ダイの大冒険のサードヒロインともいえる
メルルちゃん、彼女がかわいいので語っていきます。

スポンサーリンク

■ダイの大冒険、メルルがかわいいので語る

~メルルちゃん、初登場~

占い師の女の子であり、口の悪い祖母と違って
清楚でつつしみ深い娘だった

実は初期のポップはメルルちゃんに少し気があって

あっちなの若いほうの娘はちょっと美人だったよな と言っていたのだ
メルルちゃんが最初からアタックしていれば
ポップを落とせる可能性があったのである

占い師達は竜の騎士の事をしたっていて
ダイを倒そうとするバランに対し、何もできなかった

本人曰く、竜の騎士さまに滅ぼされてしまったら
その人間が悪いんだ、それが運命だ との事だが

バランに倒されようとしているダイもまた、竜の騎士なのだから
この理屈は通用しない

~メルル、ポップのことを嫌いになる~

バランにやられ、ダイの事を心配するポップ

ダイがたとえ化け物でもおれの仲間 そう言っていたポップに
ちょっとほれていたメルルちゃんだが

ポップが急に、オレはもうつきあってられねぇ
命がおしいから、お先におさらばするぜ

そう言ったので、ポップのことが嫌いになった

●私 きらいです あなたのこと・・・きらいになりました・・・

※最初は結構好きでした

だが、ポップが本当はダイのために闘っていたことを知り
ほれなおしたメルル

偽マァム(ザボエラ)がやってきたときは
いやな感じの女だと、本性をみきっていたが

ポップに対する嫉妬だと勘違いしてスルーしてしまった

ポップとフラグを立てたいメルルは
ダイの剣を作るためにオリハルコンとと鍛冶屋を探している
ダイ達の前に現れた

メルルちゃんは、未来を予知したり、危険な事柄を予知したり
占い師として高度な術が使える

ポップたちがこまっているので、無理をいって
パプニカまでついてきたのだ

●ポップの役にたちたい

ポップを助けられることを喜んでいるメルルちゃん
まじでかわいいのだ

それから、本物のマァムに嫉妬している所もかわいい
メルルは他人の恋にはかなり敏感な女性で

ポップがマァムに惚れていることに気づいていた

そんなマァムの事をうらめしそうに見ているところもかわいいし

ポップが他人の色恋沙汰に敏感だが自分の気持ちに
気づいていない所に

やきもきしている所もかわいいのだ

~ポップ、メルルを救う~

ザボエラはミナカトールをうまく発動できないポップの隙をつき
ポップを攻撃、ポップを守るためにメルルちゃんが犠牲になった

メルルちゃんはこれが最後だと思い
ポップに愛の告白をした

※ずっと憧れの人という、ちょっとぼかした表現ですが
普通の人間なら、自分に惚れていることに気づく

だが、ポップの口から出てきた言葉は
マァムが好きなんだよおおっ!!!ですからね

メルルちゃんもわかっていたとは言え、これはかなり
きつかったのではないでしょうか?

※ポップの勇気が光って、ザオリク級の回復が発動し
メルルちゃんの命は助けてくれたんですけどね

~最終決戦時のメルル~

最終決戦では、柱がおちてくるということを
ポップの心を読み取る能力で知っていて

何とかみんなの避難に成功できた

本人曰く、ポップのことばかり考えていたから
あなたの気持ちに気づいたとのこと

●がちでポップ一筋

つい、先ほどマァムが好きなんだよおおおっ
を聞いておきながら、この発言

ダイの大冒険一、一途でかわいい女の娘は
メルルだったと思います