ダイの大冒険、ダイが使った技や呪文を確認する

呪文やオリジナル攻撃が豊富だった
主人公のダイ、彼が放った技や呪文を確認していきます。

スポンサーリンク

■ダイの大冒険、ダイが使った技や呪文を確認する

〇イルイル

モンスターを収納する魔法、魔法の筒にモンスターを入れ
必要になったら取り出して闘う

読みきりの時のダイはこういう事ができたのだが
最初だけで、この設定はなかったことにされた

この魔法の筒はプラス先生が魔王から貰ったものだという事も忘れてはいけない
魔王とはハドラーではなかったのか?

※モンスターを封印するという話だったが、人間である でろりんも収納できた
あの悪人面イオラ野郎はモンスターという扱いだったのかもしれない

パプニカ王国の悪徳賢者も同様の魔法の筒を持っていた

〇デルパ

イルイルは収納、デルパは取り出しである
デルパでキメラを呼び出し、空をとんでいた

この設定は獣王に受け継がれることになる

〇ライデイン

最初期のダイは竜の紋章が目覚めたらライデインが放てる
勇者のみが扱かえる、正義の光

紋章の力がなくとも使えるようになるために
ポップのラナリオンの補助の元トレーニングをした

ヒュンケルの鎧は魔法を通さないが
ライデインの雷熱なら、内部の人間にダメージを通せる
がばがば設定だった

アバンストラッシュと組み合わせることにより
強力な攻撃ライデインストラッシュが使える

〇ライデインストラッシュ

アバストとの複合攻撃、ヒュンケルの鎧を砕いた勇者の技

〇バギクロス

真空系呪文、二つの刃が交差しながら、敵モンスターを襲う
みためはアバンストラッシュAに似ている

〇ベギラマ

勇者といえどベギラゴンは使えない
バギクロスが通用しなかった敵に、ベギラマは通用した

正確にはキラーマシーンのボディに魔法はきかないが
なかにいる人間は別、ベギラマの炎が亀裂から入り込み
ダメージを与えたのだ

ヒュンケルの鎧の魔剣も隙間からベギラマやら
ライデインがあたれば、ダメージを食らう
その理屈と一緒である

〇ヒャド

紋章の力がなければ、ダイと言えどヒャドすらできない
そもそも、ダイは魔法が苦手という設定である

〇ヒャダイン

ハドラーのメラゾーマを相殺するときに使用した
北の勇者でもマヒャドが使えるのに、なぜか竜の紋章で覚醒したダイは
ヒャダインが限界だった

ポップがあきれるほどのノーセンス

〇大地斬

人間はムチャクチャ疲れると、一番楽な動作をしようとする
それが一番自然な動き

無駄な動きが取れたダイはすごい力をはっきして
大岩をわることができた

ロトの紋章で剣王キラも同様の修行方法をしている
パワーが乗った力の攻撃、それが大地斬だ

クロコダインの腕の防具は壊すことができたが
クロコダインには通用しなかった

彼がいかに頑丈であったかは言うまでもない

〇火炎大地斬

メラを剣に込めることにより放った、パワーの技
魔法剣は勇者しかできない

※ハドラーもできたけど

じゃまな瓦礫を吹き飛ばすだけに使用した技だが
中にある信号弾に引火してしまい
火薬玉はみんな吹き飛んでしまった

vsフレイザード戦でも使用
氷部分にダメージを与える

〇海波斬

スピードの技、ドラゴンのブレスを切り裂く事ができる
ドラゴラムで修行をするというむちゃな事をして使えるようになった
アバンストラッシュは、地、海、空

全部できなければ意味がないので、海波斬も大切な技なのだ

〇アバンストラッシュ

一番最初は、ハドラーに対して発動した
この時点のアバンストラッシュは完全版の半分しか威力はないが
竜の紋章に目覚めているダイならば

初期のハドラーに対し、かなりのダメージを与えられる

ドラゴニックオーラを自由に使えるようになってからは
ドラゴニックオーラを剣にこめアバンストラッシュを放った

後半のダイは空裂斬もマスターしていたので
序盤とは比較にならないほどアバンストラッシュは強くなっていた

その攻撃を覇者の剣を装備したハドラーは弾き返している

〇メラ

ダイが始めて自分で成功させた呪文
前に飛ばず、落ちてしまった火の粉をむりやり弾き返した

魔法はノーセンスという事だったが
修練でできなかった事が出来るようになったのだ

ヒュンケルは通常魔法が利かない鎧を装備しているので
唯一むきだしになっている、顔部分にメラをあて
ダメージを与えた

〇空裂斬

実態のない敵をも切り裂く事ができる
アバン流刀殺法最強クラスの技

ミストバーンやフレイザードといった
強キャラにも有効だ、コアがある系統の敵は
大抵これに倒されている

習得するのが難しく、ダイもヒュンケルも
これをマスターするのが遅かった

〇アバンストラッシュB、A

アバンストラッシュの派生技B(ブレイク)は
通常アバンストラッシュと同様の効果
名称が変わった程度である、A(アロー)は遠距離攻撃

アローは飛び道具になっているので威力は
多少弱くなっている

ただのストラッシュやないか!!とダメだしをされている

〇アバンストラッシュX(クロス)

アバストA、Bを同時に交差させることにより
大ダメージを与える技、通常のストラッシュの5倍以上の威力が
あるとのことだが

正確な威力は不明、2発のストラッシュを同時に命中させる
タイミングは難しく、ヒュンケルでも真似できない

実はバーンの腕を持っていったのは
ギガストラッシュではなく、アバンストラッシュXなので
威力はギガストラッシュを上回るかもしれない

Xはハドラー戦でみせていたので、バーンも確認していたのだが
油断しすぎてあたってしまった

〇ギガストラッシュ

竜魔人バランの必殺技を真似たダイオリジナルの必殺剣
ダイの剣の鞘に魔法剣を収容しておけば

魔法の威力が上がる、ダイはライデインまでしか使えないが
鞘にいれておけば、自動的にギガデインになる

ギガストラッシュは剣技では最強クラスの威力を持っていて
バーンを苦しめた

〇ドルオーラ

天地魔界全てにおいて最強クラスの呪文
呪文というカテゴリーではあるがドラゴニックオーラを凝縮して放つので
闘気技に近い

ダイはバラン同様、1度の戦闘で放てるドルオーラは2発が限界だった
ダイはバーン戦の前にドルオーラを放っているので

バーン戦では1回しかドルオーラは放てなかったが
レオナがシルバーフェザーという回復アイテムを持っていて
ダイの魔法力を回復させ、連発できた

光魔の杖はドルオーラを防げるくらい優秀な杖
※光の刃はあらゆる呪文を防ぐエネルギー障壁となるのだが

連発ドルオーラで壊されてしまった

最終決戦、レオナがきをきかせてシルバーフェザーをダイに渡してくれたら
真大魔王バーン戦でもドルオーラができたはず

老バーン戦終了後シルバーフェザーやベホマでダイの体を
回復してくれたとは思うのだが

レオナとフェザーは瞳の石に封印されてしまった

ダイはドルオーラよりもギガストラッシュやライデインで闘うことを
選択したので、ドルオーラを放つ余裕がなかったのだ

※光魔の杖はなくなったのだから、ドルオーラが正解だったかも