クレイモア、序盤のクレアさんについて語る

クレイモアの主人公のクレアさん
序盤の彼女について確認していきます。

スポンサーリンク

■クレイモア、序盤のクレアさんについて語る

この漫画の主人公、初期のころは
クレイモアNO47の地位にいて最弱の半妖だった

クレイモアは仕事を成したら、金を回収する
しくじった場合は金を払う必要性はない
完全成果主義の仕事なのだ

成功した場合、仕事を依頼されたクレイモアではなく
お金は黒服みたいなポジションの人が回収してくれる

多分相当数ピンハネされているのだろう
実働部隊よりも派遣した組織のほうが
潤う仕組みとなっている

この漫画はファンタジー系なのだが
こういうところはリアル系よりなので困る

●クレイモアの主人公 クレアさん 銀瞳の魔女

クレイモアとなった者は銀瞳になり
妖魔と人間をかぎわける能力を持つことが出来る

妖魔は人間に化けることができるので、普通の人間では判別ができない
ゆえに退治するときはクレイモアの力を借りるしかないのだ

後半は覚醒者がメインとなっているので初期の妖魔は
ただの雑魚なのだが

1話もモブ妖魔は相当いきっていた

「そんな華奢な体でいきがっていたとはな 仲間たちの恐れる気がしれん
それほど人間と妖魔では根本的なものが違いすぎるんだ」

だが弱い半人半妖でも余裕で雑魚妖魔の動きを上回る
簡単に後ろを取り、成敗してしまった

~初期のクレアvs妖魔軍団~

物語序盤、妖魔は群れたりしないという話しだったが
いきなり5人組の妖魔と対戦

わざと剣をおとして、隙をうかがいあっという間に
成敗してしまった

●雑兵では相手にならなすぎる

妖魔退治をした場合1匹の場合と5匹の場合では
報酬は5倍違う

妖魔退治は1匹だけでも相当な金額にのぼるので
5匹退治となったら、村が破産しかけてもおかしくない

しかも、一度でも支払いをちょろまかした場合
その村は2度と助けに来てくれない、めちゃくちゃ非常なのだ

~クレアさん 優しい~

クレアは序盤からツンデレ風でラキという少年を助けてくれた
ラキは第1話で妖魔に家族と親戚を全てやられてしまって

天涯孤独の身となったあげく
なぜか村から追放された、めちゃくちゃ不憫な少年だ

この少年を荒野から救って、宿屋にとめ、食料も
恵んでやったのだ

ラキが野良妖魔にやられそうになったときは

クレア
「私たちに人質が通じると思っているのか?」
とすごんでおきながら、最終的にラキを助けてくれた

●クレア 勘違いするな

私はお前のために剣を捨てたのではない
あいつの逃げ足を封じたかっただけのこと

だから、あそこで剣を捨てて あいつをさそったんだ
断じて、お前を助けたわけじゃない と完全にツンデレだったのだ

クレアはラキ同様、幼少期に父も母も兄も
妖魔にやられた過去がある

クレアの親戚は代わりに育ててやるとなると、そういうわけにはいかない

妖魔にやられた者の近くにいた者が妖魔に化けてるかもしれない

だから、クレアは住んでいる場所をおわれ
最終的にクレイモアになることを選んだのだ

ラキが困っていることを知ると、料理番として料理させ
まぁ、メシの支度をするのなら、ついてきてもいい という形で
ラキを同行させた

※しとめたワニ肉を料理させたのだが
クレアは少ししか口を付けなかった

クレイモアはほとんど料理を口にしなくても
1週間はいきられるくらい燃費がいい

【同一カテゴリの記事はこちら】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする