ダイの大冒険、バランさん、ダイと出会う

竜の神殿にやってきたダイは
バランと会うことになる

スポンサーリンク

■ダイの大冒険、バランさん、ダイと出会う

ダイと再会したバランは己の過去を振り返る
魔王軍が町を制圧している描写はほとんどないが

バランだけはやたらと戦果を上げているのだ
カール王国とリンガイア王国はバランの手によって
おちている

リンガイア王国はノヴァさんが最強の騎士をやっていて
調子をこいていた国だ

カール王国の兵士はかなりの強さを誇っていたが
バランさんの目からビームでやられてしまった

バランが放ったビームは竜の形のあざができ
自分はドラゴンの騎士です というアピールができる

●初期のころは目から闘気を放っていたバランさん

バランさんはダイに教えてあげます

かつてこの世には3つの種族がいた
人間、魔族、そして竜

昔の竜は人間以上の知識をもち
言葉をあやつる者のほうが多かった

この3つの種族があらそっていたために

神々は粛清を考えた
そこで、竜の戦闘力と魔族の魔力と
人間の心を持った究極の戦士を生み出した

それがドラゴンの騎士だったのだ

初期のバランはやたらバーン様に傾倒していて

バーン様は世界の平和のために、人間を滅ぼそうとなさっておられるのだ
悪いのは人間だっ

ダイ、おまえも一国も早くドラゴンの騎士、本来の使命にめざめ
バーン様にお力添えをするがいい と言い出します

※バーンは魔界のみならず、人間界や天界を支配しただけの
強欲やろうで、自分の城では美人のダークエルフをかかえて
やりたいほうだいやってるだけの奴です

クロコダインは魔族として、バーン様に仕えていたというのに
バーン様は城にいる美女を一人も
クロコダインに渡してくれませんでした

そのおかげで、クロコダインは嫁を探すことになったのです

かけらも部下のことを考えていないバーンが
世界の平和とか、今考えればあほらしくて涙がでてきます。

●悪いのは人間らしい

ダイは人間達の味方なので、バランの提案に乗るわけがない
ゆうことを聞かなければ力づく

バランはダイに攻撃をしかけてきます

だまってダイをつれていかれるわけにはいかないので
ポップさんも応戦し、重圧呪文ベタンを放つのですが
バランさんには通用しませんでした

ドッ・・・ドラゴン数匹をしとめた オレの最大の呪文が
足止め程度にしかならねぇなんて

※足止めにもなってないと思われますが
なめられたくないポップは自分結構すごいんですアピールします

ちゃっかりドラゴンをしとめた事もアピールする
ちゃっかり野郎、それがポップ

だが、土台ポップではどうにもできず、バランは己の闘気を開放し
呪文をはねかえします。

ハンパな攻撃をしかけたら、今度こそ確実にやられる
この状況を打破できるのは完全となったアバンストラッシュと
ライデインが使える、勇者ダイだけなのだ

ダイは竜の紋章を開放し、己の意思で力をコントロールしたのですが
ライデインストラッシュは防がれ

カウンターのギガブレイクでダイはやられてしまいます。

●これがドラゴンの騎士最大の奥義、ギガブレイク

バランは、仲間にならぬなら貴様を始末するまでだ
そういい捨てていたんですが、やっぱり息子の命は惜しいようで
竜の力(ドラゴニックオーラ)を開放しダイの不要な記憶を抹消

後ほど、あらためて味方にする算段をつけます。

~続く~