ダイの大冒険、バランvsクロコダイン

バランさんの戦いを振り返る
vsクロコダイン編

スポンサーリンク

■ダイの大冒険、バランvsクロコダイン

バランがギガブレイクを放ってダイを攻撃した後
やってきた男、それがわれらのクロコダインさんだ

ポップはやたら、クロコダインの事をかっていて

ヤバイとこだったんだ、あんたが来てくれりゃあ
百人力だぜっ!!! みたいな感じで
クロコダインを評価していた

●あんたは、最も頼りになる男 クロコダインのおっさん

※後半とはえらい評価の違いである

だが、おっさんはふるえていた、バランの圧倒的
闘気にふるえていた

バランと戦えば、塵すら残らないことを覚悟していたのだ

※クロコダインのおっさんは、バランには呪文のたぐいが
通じない、素手か武器による直接攻撃以外は
おそらくダメージを与えられまい!!と言い出し

ポップとレオナをとおざけて、自分ひとりで戦うことを決めた

竜の騎士は呪文が通用しないとはいうても
普通にダイさんには呪文が通じるので

単にポップの魔法力が低かっただけのことである
むしろ、闘気だって威力がひければ通用しないのだ

ワニのおっさんの発言は意味がわからない

バラン
・・・さすが獣王・・・見抜いていたか・・・
みたいなノリで

・・・を多用しているバランさん

え?何いってるんだこいつ、オレは呪文は通用しないとはいったけど
それはポップとかいう雑魚の呪文じゃあ
オレには傷ひとつつけられないってだけやぞ?

いかにオレとはいえ、バーン様のカイザーフェニックスを食らったら
結構いたいんだけど・・・

でもなぁ、ここでそんなこといったら、クロコダインが不憫だし
ここはこいつの顔をたてて、そういう事にしておいてやるか

みたいに思っていた可能性があります。

バランさんは人間は罪深い生き物だとおもっていますが
魔族のクロコダインさんには恨みがないですからね

※ちなみに6団長の中で一番クロコダインを評価していたのは
バランという設定もありました

2番目はヒュンケル

最も評価された男、クロコダインは
棒立ちで闘気を放ち、威嚇してくるバランに攻撃をしかける

伝説の武器、真空の斧による物理攻撃だ

バランは普通に直立不動しているだけなのに
斧がおれてしまった

※壊れてのは伝説の武器です

竜の騎士が持つドラゴニックオーラは攻撃のみならず
まとっているだけで防御力があがる

力をこめた部分はより強い強度となるのだ

●棒立ちのバランを倒せないクロコダインさん
同じ6団長といえど同格ではないのだ

人間形態のバランにいいようにやられるクロコダイン
お得意のぐああああーーっ!!!が飛び出した

これが出てきたら決着が近い
クロコダインはバランの目からビーム攻撃をくらい
右目のほうも傷ついてしまった

両目をうしなってはもはやなす術もあるまい
武人クロコダインは、この瞬間終わったのだ

みたいな扱いだったが、まぶたをきられただけで
眼球は傷ついていない理論により助かっていた

ということは、昔ダイから受けた傷は
眼球にまでダメージがたっしていたために

ベホマでも回復できなかったということだ

ダイさん、容赦ない

●バランさんの目からビームは致命傷にならなかった

一時撤退したバランさんは、後ほど
クロコダインにギガブレイクを2発、発動する事になる

【関連記事 クロコダインはギガブレイクでこいがピーク】