ダイの大冒険 バランvsヒュンケル

しばらく身を隠していたバランは
ヒュンケル達の前に現れることになる

スポンサーリンク

■バランvsヒュンケル

死の大地付近を探索しているときに
バランがやってきたので、いち早く闘気を察したヒュンケルは

ポップをその場から避難させた
※ポップはバランにやられてしまったので、再会したら
腰を抜かしてしまうかもしれない

ちなみに、クロコダインさんはバランの接近に気づかなかった

バラン
気配を完全に消したつもりだったが・・・
 腕が上がったな ヒュンケル・・・

ヒュンケル
「当然だ、オレは光の闘気に虎空閃をもマスターした
槍つかいのヒュンケルさんやぞ

そもそもブラッディースクライドだって、本来は突き技
槍のほうが相性がいいからな」

みたいな雰囲気だっと思うのですが
ワニはこのときどう思っていたのでしょうか?

ワニ
なんかオレ、相手の闘気を察するのが苦手な雑魚みたいな
 扱いになってるんだけど、どうにかならへんの?

みたいな事を思っていたかもしれません

闘気を察することが苦手なワニは
いらついているバランの鉄拳を食らいダメージを追います

●ダメージを食らうワニ

ついでに、ヒュンケルさんも不意打ちによりダメージを食らってしまった

やりたい放題やってくるバランだが
ヒュンケルは気づいていた、バランはダイ達のために捨石となるために
バーンと戦う気でいることを

無謀な戦いでバランを失うわけにはいかない
そう判断したヒュンケルは、バランと戦うことを決意します

ここで、ヒュンケルお得意の自ら武器を捨てる戦術が発動
ヒュンケルの体からは闘気が完全に消えていた

彼は闘気をコントロールするのがうまい
増やしたり、消したり自由自在なのだ

バランさんやワニが驚いている所を見ると
闘気のコントロールはガチで難しい

●ど どういう事だ これでは端でみているオレの闘気が一番でかいぐらいだ

ヒュンケルがやろうとしている事を察知し
自分の闘気をコントロールしはじめるバラン

クロコダインだけが棒立ちだったのだ
オレの闘気が一番でかい、このせりふだけを見ると
この3人の中でクロコダインが一番強そうなのだが

今は闘気を消して、捨て身のカウンター技を放つ場面
圧倒的にワニが弱いという場面だ

ヒュンケル、バラン
オレ達は闘気を消し、捨て身のカウンターやるで
 みたいな話ししてるのに、クロコダインはいつまで
 闘気だしとるねん、さっさとお前も闘気消してくれよ

みたいに思っていたかもしれません

ちなみに、闘気を消して、相手の一撃を受けることで
そのスキを見つけ出す捨て身の技の名前は

アバン流究極奥義 無刀陣です

●作中1回しかでてこなかった 無刀陣

途中でアルビナスが邪魔をしにきたので
ヒュンケルは無刀陣する相手をアルビナスに変更

バランの攻撃をそのまま受け、二度と戦えない
そう言われてしまいました。

バラン曰く、この男は命をすてて、私を救った
この勝負、私の負けかもしれん

そう言うほど、ヒュンケルはすごかったということになります

一度武器を捨てたので、武器を使わないかとおもったのに
最終的に槍で攻撃するってのは意味わかりませんでしたけど

※二度と戦えない、HP1、かすっただけであの世いき
そんな体でバーンと戦いに赴くなんてムチャ

ヒュンケルは散々そんな事を言われながら
最終決戦までついてきて、ヒムを倒し
マキシマムも倒せそうでしたからね

不死身の男の強さをみんな侮っているのかもしれません