ワンパンマン、童帝のブレイブジャイアントの強さを確認する

ワンパンマン、童帝の最終兵器ブレイブジャイアント

現在登場しているロボットの中では最強と思われる
機体のポテンシャルを確認していきます。

スポンサーリンク

■ワンパンマン、童帝のブレイブジャイアントの強さを確認する

ワンパンマン、第139話で出てきた童帝の切り札ロボ
初登場時点では、壊れた瓦礫のかけらが骨付き肉に見えたので

このロボ、骨付き肉で戦うんじゃないのか?と勘違いされた

活動時間の限界点は3分程度であり、長期間の戦闘はできない
転生フェニックス男と対峙した時点では残り2分38秒しかなかった

~ブレイブジャイアント物理攻撃の強さ~

近距離の武装は盾であるディバイダーシールド
剣であるデルタスケールセイバーである

竜になり立てである、フェニオにはあまり通用しなかったので
近接戦闘はそれほど得意な機体ではない

まぁまぁのスピードではあるが動きがバラバラであり
フェニオの動きにあまりついていけなかった

通常状態では、竜下位程度のスピードと物理攻撃力ではあるが

オーバーブスターで出力制限を解除した場合
威力はかなりあがる

ジャイアントゲンコツストライクは
竜下位程度の転生フェニックス男に十分に通用した

やたら剣の装備が多く、超振動小太刀、ビームグレイヴァー
デルタスケールセイバーと、剣兵器だけでも3つ搭載している

形状が変わっているだけで特にパワーアップしている
雰囲気がない

フェニックス男はダメージを受け復活するたびに強くなり

フェニックスゴールデンイーグルモードには
剣攻撃を防がれ、機体の腕も持っていかれてしまった

全体的に防御力不安の機体と言える

だが、ブレイブジャイアントは活動時間制限が厳しく
守備にパワーを回すのは非効率
攻撃メインにして相手をすばやく倒すしかないので

防御力不足は仕方ない側面もあるだろう

※ゾンビとなっている怪人ウィンド、怪人フレイムの攻撃では
さほど目立った外傷がなかったので、最低限度の竜では
あまりダメージを食らわない

※ウィンドフレイムは、スピード特化で基本攻撃力は
竜の中でも低めだとは思いますが

~ブレイブジャイアントの本領は特殊攻撃~

スピード、攻撃、防御の合計値は竜下位程度の
ブレイブジャイアントだが、特殊攻撃は強い

最大出力のギガボルトスマッシュはウィンドフレイムでも
よけきれない速度であり、地中にうまっていた地底人と
ひとまとめにして倒してしまった。

特に強いのは最強奥義のミレニアムエンペラーノヴァである

ノヴァは機体本体だけでは打てず
リトルブレイズ(小型のブレイブジャイアント)
のサイドアームモード合体で放てる攻撃である

ゴールデンイーグルモードプロミネンス状態である
転生フェニックス男はエネルギー系は吸収できるのだが
ミレニアムエンペラーノヴァを防ぎきることができなかった

この時点のフェニオは竜上位にかなり近い実力を持っていたので
ノヴァがいかに強い攻撃であるかは言うまでもない

ノヴァによりスーツの機能に不具合がおきたフェニックス男は
コチョコチョ虫のコンボで格下の童帝に負けてしまった

フェニオは聡明なんだから、攻撃を吸収しようとせず
よけていればよかった、ノヴァは一発限りの超必殺技なのだから
まともに相手をしてはいけなかった。