初期の遊戯王感想 その01

最初はカードゲームマンガではなく
ちょっと不思議な闇のゲームで遊んでいたので

感想を述べます

スポンサーリンク

■初期の遊戯王感想 その01

初期の遊戯王はファンタジーカードゲーム漫画ではなく
闇のゲーム的な感じが強く

牛尾さんとお金さしゲームをやったり
そこまで大きな事件をおかしたわけでもないディレクターの目を
モザイクにしたりしてました。

~VS 牛尾さん~

初期の牛尾さんは風紀委員でえりづめをぴっちりとめている
好青年として描かれていました

勝手に遊戯のボディガードを買ってでて
ケンカに強いという設定である城之内とホンダを撃破

遊戯にボディガード料20万を請求する子悪党
何かしらんけどパズルを完成させた遊戯は

どこからか跳び箱をもってきて
牛尾と闇のゲームをすることになりました。

跳び箱を学校の体育倉庫から持ってきたのでしょうか? 01-039

プレイヤーは交互に自分の手の上にお金をのせ
そのうえから、ナイフをつきたてる

ナイフにつきささった金のみプレイヤーの取り分となる
1枚以上は必ずとらなければならない

根性試しという事ですが、ちょっと力が入りすぎても
そんな大したダメージを受けそうにもないゲーム

後半の城之内はそれこそガチの命をかけてマリクさんと
デュエルをしているわけですから

当時の城之内クンからすれば
え?そんなしょぼいゲームじゃ満足できねぇよ」みたいに思っていたかも

ウシオさんは自らの手を傷つけることを拒否して
遊戯に攻撃をしかけ金を手に入れようとするんですが

ガチで遊戯の顔面にダイレクトアタックをしかけます
仮に自分の手をぶすりといっても傷害事件にはなりません
※自分の手が傷つくだけだから

ですが、遊戯の顔面に大きな傷をつけた場合
確実にポリスメンのお世話になりますし、今後の進学・就職に
多大な影響を及ぼすことは間違いありません

その程度のルールを理解できない男に風紀委員をやらせるとか
遊戯達の通っている高校って一体何なのでしょうか?

~さいころが割れて7事件~

初期の遊戯王の中でも一番しょぼいとされているゲームが
さいころが割れて7のゲームです

TVディレクターはイジメの現場を撮影するという目的で
ADを、学校に侵入させ

遊戯に攻撃をしかけようとしました。
※学校の制服も局が用意してくれませんでした

自前で更衣室で盗ませるという犯罪行為です。

そんなリスクとるくらいなら制服くらい用意してやれよ
という風に僕は思いました

●制服は更衣室で盗んできたらしい 01-161

ディレクターはサイコロをふって1の目が出たから
たまたま遊戯が目をつけられていじめられ役に選ばれたんだよ

みたいな事をいうもんだから、これをめざとく覚えていた遊戯は
サイコロバトルを提案しました

先に遊戯がサイコロをふってその目の数より小さい目をだせば
ディレクターの勝利、数が同じでもディレクターの勝利

遊戯のほうが確実に不利なゲームです
遊戯が6を出したので、ディレクターの勝利が確定したのですが

ディレクターも遊戯の顔面をサイコロで攻撃したために
サイコロがわれて、半面が6、半面が1となり
敗北してしまいました。

たかだか千年パズルにあたっただけで割れるとか
サイコロもろすぎだし

しかも都合よく、割れたサイコロ両方共数をしめす面が上になるとか
遊戯運よすぎ、というよりディレクターの運が悪すぎる

●サイコロが割れて⑦事件 01-074

【同一カテゴリの記事はこちら】
<<次の記事 → 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする