遊戯王 バンデッドキースさんの不正行為について確認

作中で不正行為の塊だった男バンデッドキースさん
彼がいかに汚いかを再確認していきます。

スポンサーリンク

■遊戯王 バンデッドキースさんの不正行為について確認

~あらゆるエキスパート・カードを隠しもっている不正~

キースはあらゆる種類のカードを持っていて
手下のデッキを補強し、デュエルに勝利してきた

本来のルールでは一人40枚のデッキしか持ち込めないことになっているので
圧倒的に有利な状態でデュエルができるのだ

●へへ・・・だが安心しな オレのカードをくわえて
最強のゴースト・デッキにしてやる

本人は関係ねぇよ そんなルールなんざ!
それにオレはこの大会の正規の参加者じゃねぇ・・・飛び入り参加みてぇなモンよ

と言っていたが、城之内君だって正規の参加者じゃない
飛び入り参加なんですけど・・・

というより、キースはどうやってペガサスの島にきたのか
漫画版では完全にカットされていて、理由がわからなかった

城之内戦でキースは骨塚にアドバイスをしていたが
それはルール違反ではないのでOKとしている

城之内達を穴ぐらに閉じ込めたのも、一応ルール違反ではない

~暴力によりスターチップを強奪した~

猿渡が言っていたが、スターチップはデュエルで勝利して
てにいれるしかなく、それ以外の方法でスターチップを手に入れた場合は
即失格になる

ところが、キースは手下二人からスターチップを強奪して
10個集めた

●当然これは反則行為、黒服がみていた場合、即失格である

というより、キースは城之内達に、オレはカードを隠しもってるんだぜぇ
みたいなアピールをしていたので

本選が開始されたときに、この事実を黒服に教えていたら
キースは戦う前に失格になっていたはずである

キース
「走れ走れ城之内よぉーーー」

城之内
それ以前によぉ、お前40枚のカード制限破ってるだろ
 服の内側にあらゆるカード隠し持ってるジャン 審判 そこんとこどうなるんだよ!?

と言っていたら、左手の栄光のカードをうやむやにできたかもしれない

~城之内が持っていた王の左手の栄光のカードを盗む~

そもそもキースは正規の参加者じゃないから
ペガサスの城で行われる優勝決定戦に参加することはできないのだ

そこでペガサスは城之内の部屋に侵入し
上着の中に入っていた王の左手の栄光を盗み出した

さすがに人のカードを盗むのは、ルール違反ではないですまされない
やっていることは汚いハイエナと同じである

~リストバンドにカードを隠していた事件~

キースを全米トップクラスの有名人にした事件
それはリストバンドにカードを事件である

キースはリストバンドの中に7カードを2枚隠していて
好きなときに取り出して使うという不正行為をしていた

●さっきオレ様が腕の差ってことをいったよなぁ それを今教えてやるぜ

ちなみに7カードは攻撃力をアップさせるカードと
守備力をアップさせるカードは別々である

好きなほうを選択できない時点で装備カードとしては
いまいちといわざるをえない

※汎用カードならわからないでもないが
この装備カードはほぼスロットマシーン専用カードである

まぁ、原作では一角獣のホーン 攻撃力700UPでさえ
一部モンスターにしか使用できないので、あの時点では
そこそこ評価されるカードだったかもしれない

なにはともあれ、キースが不正していたことは間違いない
というより、好きなカードを2枚隠しておくなら、もっといいカードを
リストバンドの中に隠しておけといいたい

キースはバンデッドカードというとんでもなく強いカードを
使っていたので、それをリストバンドに隠しておけば

城之内の切り札を2枚まで奪うことができた

あんまりハデに勝ちすぎると、相手にイカサマを警戒されるので
地味なカードを隠していた説もあるが

バンデッドカードとはいわなくとも
もう少しマシなカードはあったはずである