城之内vsゴースト骨塚戦を振り返る

キースと愉快な仲間たちにラチられてしまった城之内は
ゴースト骨塚と戦うことになる

スポンサーリンク

■城之内vsゴースト骨塚戦を振り返る

1人でいるところを狙われた城之内は
骨塚と愉快な仲間達につかまり、強制的に墓場フィールドで戦わされることになる

しかも言われるがままにスターチップを4つ賭けてしまった
少なくとも2つ賭けにしておけば、負けても次があるし

勝利したら6個になり、リーチが賭けられる
明らかに相手の好き勝手にされたのだから

城之内はスターチップぐらいは、自分でベストな枚数をかけるべきだった

~リビングデッドの呼び声というスーパー魔法カード~

リアルのOCGでは無制限カードに指定されているリビングデッドの呼び声であるが
原作では信じられないぐらいの強力カードとなっている

1・ゴーストモンスター以外の戦闘で破壊されたモンスターを
ゴーストモンスターとして蘇生させる

2・リビングデッドの効果でよみがえったゴーストモンスターは
攻撃力が1以上ある場合リビングデッドの呼び声の効果を受けられる

3・リビングデッドの効果でよみがえったゴーストモンスターが戦闘で破壊されても
戦闘ダメージを受けず、相手によって破壊された場合攻撃力が10%UPし蘇生する

4・攻撃力0のゾンビが破壊された場合、戦闘ダメージは受けるし蘇生はできない

というとんでも効果である
戦闘破壊されてもライフは減らないし即蘇生
さらに攻撃力10%upとかめちゃくちゃである

唯一のデメリットといってもいい防御力0の隙をつかれたので
敗北しただけ、魔法や特殊攻撃系カードを主軸にしたデッキでなければ

骨塚のゴーストカードを倒すことなどできなかった

●超絶魔法カード リビングデッドの呼び声

~レッドアイズvsパンプキング戦の矛盾について~

作中ではフィールドパワーソースをえたモンスターが破壊された場合
元もとの攻撃力でダメージ計算をするのが王国の基本ルールである

現在のゴースト骨塚のライフポイントは1350
パンプキングは元もとの攻撃力が1500でフィールドパワーで1950となっている

城之内は切り札のレッドアイズブラックドラゴンのカードをひき
パンプキングに攻撃をしかけた

レッドアイズ 攻撃力2400
パンプキング 攻撃力1500(フィールドで1950)

つまり、骨塚はライフポイントを900失って450にならなければいけないのだが
なぜか2400-1950でダメージ計算が行われた

●レッドアイズ、謎のダメージ計算方式

まぁ、アルティメーターは守備力が1000で攻守がいれかわった場合
丁度攻撃力1000

うまい具合にライフを削りきった感を出したいので
骨塚のライフポイントを極力減らさないオレルールが発動したか

もしくは、物語の流れに特に影響がないので、つい高橋さんが
間違えてしまったかである

~骨塚も自分のデッキ確認しなかった事件~

ゴースト骨塚はキースから貰ったカードで自分のデッキを補強していた
それは明らかである

こいつでやれ!間違いなくかてるぜ

●ああ! あー!

という風にカードを貰い、骨塚はその内容を確認しているのだ
それなのに、試合がはじまってカードが配られたさいに

よろい武者ざんきのカード?こんなカードオレはいれてない
地をはうドラゴン!!?こいつもオレのゴーストカードじゃない

と言い出したのだ

いつもいっているのだが、デュエリストは人からカードを貰ったり
カードをしのびこまされたりした場合

自分のデッキをぜんぜん確認するクセがついていない

遊戯さんもじーちゃんからデッキを渡されたときは
バタバタと危険なゲームしてきたもんだから、デッキ確認を怠ってしまった

まったく役に立たない意味不明なカード!!とか言い出してますからね
これじゃあハガさんにおこられても文句はいえません

ハガ
「デュエル前にデュエリストがデッキを確認するのは当然だろう?」
ってもんですよ