城之内vsキースを振り返る その01

デュエリストキングダム第2試合
キースvs城之内のデュエルを振り返る

スポンサーリンク

■城之内vsキースを振り返る その01

キースは城之内から盗んだ 王の右手の栄光を振りかざし

くく・・・たしかにここはデュエルをする場所だがよ
そいつにその資格あんのかぁ?オイ・・・

トーナメントの参加証カードだ!
たしか・・・こいつがなけりゃあデュエルテーブルにはつけねぇ規則だったよな

と言い出し

城之内を失格にするように仕向けた

●キースさんはカードを盗んでいます

※キースさんはスターチップを強奪した時点でルール違反
しかもカード40枚制限のルールも破っています

そんな男にデュエルをする資格があるのか
もう一度考えてもらいたいものです

しかし、考えても見たら参加証カードは2枚だったのだから
両方提示できて、初めてデュエルに参加できる
というルールでよかったのではないでしょうか?

城之内は舞からカードを貰い、何とか制限時間以内にデュエルテーブルにつき
キースvs城之内のデュエルが始まった

これからやるのはただのカードゲームなのだが
キースさんはやたら偉そうな態度を取り

ちっ・・・どうやらやらなくちゃならねぇらしいな
だが、てめぇの席にゃあ 地獄がまってんぜぇ!と調子付きます

城之内は、なら・・・地獄でてめぇを倒す!!
いけめんな台詞をはくわけなんですが

やっている事はただのカードゲームです
リアルでこんな台詞を10代の少年と20代?のお兄さんが言い出したら

周りの小学生もドン引きです
このあんちゃんたちいい年こいて何いってんの?
みたいに思われていたことでしょう。

~デュエルがスタート~

キースのマシーンモンスターは全てが魔法攻撃に耐性を持っている
モンスターで構成されていて

通常攻撃しかきかないデッキとなっている

基本的に城之内は戦士族・獣戦士族をメインにして戦っていて
王国の予選では魔法攻撃っぽいのは、竜崎からもらったレッドアイズの黒炎弾
くらいのものです

キースの戦術に対しては相性は悪くないはずなんですが
この試合でいきなりNEWカードの

魔導騎士・ギルティアを出します
攻撃力1850 守備力1500

魔法攻撃ソウル・スピアは敵を一瞬で倒す らしいのですが

いままで物理一辺倒だったのに、いきなり
目先をかえるカードを出してきたのでどうも不自然です

というより、竜崎戦まで、城之内の最強カードは炎の剣士 攻撃力1800
という話だったと思うのですが

ギルティアは攻撃力1850 しかも魔法攻撃ができるのです

※マジック&ウィザーズでは物理攻撃する奴より
魔法攻撃ができるモンスターのほうがレアで優秀

なぜ城之内は炎の剣士が自分のデッキの中で一番強いと
思っていたのでしょうか?

●ここにきて謎のNEWカード 魔導騎士ギルティアが登場する

へんに魔法攻撃という小細工を使ってしまったために
キースのモンスターを倒すことができず、返しのターンで
ランチャースパイダーにやられてしまいました。

~守備封じは使用するデュエリストによって効果が異なる~

守備封じは王国編に何回か出てきた 汎用トラップカードなんですが

最初のころは永続罠カードのような扱いで
守備封じが場にでている限り、守備を宣言する事ができないカードであり

ゴースト骨塚戦に限っては、守備を宣言したときのみ発動するカードであった

※テキストには相手のモンスターが「守備」を宣言したときに発動
守備は解除され強制的に「攻撃」表示にするとかかれています

だが、キースは元々守備表示だったモンスターを攻撃表示にしてくるし
なぜか守備封じは使いきりのカードに変更され

これ以降守備封じを永続的に使ってこなかった

●テキストとは少々違う効果になっている 「守備」封じ

やっぱり王国編ではオレルールである以上
からっとぼけて、カードにかかれていない効果を言い出したほうが有利

海馬の人形を使っていたプレイヤーキラーのように
永続効果にしておけば、城之内はキースに勝てなかった

~続く~

【関連記事】孔雀舞戦で城之内の最強カードが出ていた件