遊戯vsペガサス 02戦目 闇のゲームが始まる

マインドスキャンしたのに、ザルプレイングをしてしまったペガサス
ごまかすために闇のゲームをしかけてきた

スポンサーリンク

■遊戯vsペガサス 02戦目 闇のゲームが始まる

トゥーンモンスター、トゥーンワールド共に失ってしまった
ペガサスは、闇のモンスター

ダークアイズ・イリュージョニストのカードを出す
遊戯王史上初めての攻撃力0 守備力0のモンスター

●ダークアイズイリュージョニストさん

このデュエルは闇のデュエルであり
なぜか精神力が削られて、精神力が0になったら
そのままリタイアになる過酷なものである

しかし、今までの闇のデュエルで負けたほうが精神崩壊を起こす
というパターンは何度もあったのだが

闇のゲーム中に
精神ゲージが磨り減っていくというのは

ペガサス戦が初であることは間違いない

※そもそも精神力というが井守君やなぐも君だって
いわば普通の人間だった
そんな彼らでも闇のゲームは最後まで完遂できましたからね

なぜか表遊戯さんだけが闇のゲームに
耐性がないという話にされた

それにしてもペガサスは汚い

弱くなったマインドシャッフルでは遊戯達に通用しないとみるや

闇のゲームをしかけ表遊戯をリタイアするようにしむけるとは

~ペガサスさんクリボーのことを知らない説~

ペガサスさんはマジック&ウィザーズの生みの親
それは作中で何度も明らかになっている事実です

それなのに、クリボーの事を知らないとか、無知にもほどがあります

ペガサス

ワッツ?クリボー そのカードを使うものがいるとは・・・
アンビリーボォー!!」

機雷化の能力!?

みたいなノリですからね

●ペガサスさんがカードデザインをしたんじゃないのでしょうか?

~マジシャンオブブラックカオスという雰囲気だけのカード~

舞戦で遊戯はカオスソルジャーという見掛け倒しのカードを召喚した
これはまぎれもない事実である

そして決勝戦ではカオスソルジャーよりも雰囲気だけのカード
マジシャンオブブラックカオスを召喚したのだ

このカードは儀式カードを使い、ブラックマジシャンと
攻撃力1500以下のモンスターを2体生贄にして
ようやく召喚できるモンスターだ

これほど手間のかかることをして
攻撃力2500⇒攻撃力2800になるだけという

とんでもなくコストパフォーマンスの悪いモンスターが誕生した

●圧倒的悪コスパモンスターの誕生

そりゃあ、ブラックカオスに特殊能力があり

サウザンドアイズ・サクリファイスの特殊能力がきかなかったり
魔法カードや罠カードも通用しなかったり
1ターンに1度好きな魔法カードをデッキから発動できたり

したならば、まだわかるんですよ

ところが普通にサウザンドアイズの効果を受けてしまったのです

なに!!
ブラック・カオスとクリボーの動きが封じられた

つまり、ただの通常モンスター 攻撃力2800である

事実、あまりにもこのカードが弱すぎたためか
後半使われることはなくなった

もちろん、カオスソルジャーも原作ではこれ以降でてこなくなった

サクリファイスエスケープできたから
黒魔術の儀式は役に立っただけだった