遊戯王 海馬vsペガサス戦を振り返る その02

前回のペガサス戦のあらすじ
トゥーンは完全なる生命体といったがあれは嘘である

予言カードはあまりにも弱い
ペガサスはナメプをしていたのだ

スポンサーリンク

■遊戯王 海馬vsペガサス戦を振り返る その02

予言カードでブルーアイズを奪われた海馬君は
ウィルスコンボを用いて、ペガサスのデッキ破壊をもくろんだ

だが、闇のデッキ破壊ウィルスカードは攻撃力1000以下の
モンスターしか媒体にできない

闇エナジーという強力なカードを使われ
場に存在する闇属性モンスターの攻撃力を倍にされてしまったため
不発となる

●圧倒的強カード 闇・エナジー

海馬は遊戯とのデュエルの初戦の時も
闇エネルギーという闇属性モンスターの攻撃力を3倍にする
スーパーカードを利用していた

遊戯王では闇属性モンスターは優遇されており強いモンスターばかり
それなのに、攻撃力をこうも簡単に2倍や3倍にできるカードが存在するとか
あまりにもずるい

思い出して欲しいのですがハーピィレディデッキを使う舞さんは
攻撃力+300とか+400とか+500程度のカードを使い

攻撃力1300のモンスターの攻撃力をちまちまと上げていく戦術を取っていて

ハーピィレディしかモンスターがいないから
※正確にはペットドラゴンがおったけど

ハーピィがやられたら負けという設定だったのに

こんなカード1枚、2枚でぽんぽん2倍や3倍にされたのでは
たまったものではないと思われます


「わたしの戦術ちまちますぎて・・・だめじゃん」
そう思ってしまったかもしれません

ブラックマジシャンやデーモンに使うだけで
攻撃力5000のモンスターになりますからね

~海馬さんの無意味な戦術~

ペガサスは相手の手札がわかる これは事実です
そこで海馬さんは持っている手札を全てすて

山札の一番上のカードを引いて
そのカードを攻撃表示で場にだす

というはちゃめちゃなプレイングを披露したのだ

●意味がわからない理屈

そもそも遊戯おうというゲームは手札をよまれていても
相手に対策カードがなければどうにもならない性質を持っているので

わざわざ手札を放棄する理由がわからない

そして山札の一番上はなにかわからないから
それを出す戦術って

一体何が有用なのかもわかりません

山札の一番上のモンスターがブルーアイズだろうが
ミノタウロスだろうがガーゴイルだろうが

場に出てしまえばただのモンスターである
もちろん手札に同じカードがあっても同様だ

ただのノリでデュエルが進行しているとしか思えないのだ

後まったく関係ないのだが
キースさんと遊戯さんたちはめちゃくちゃ仲が悪い設定だが
画像を見るに、結構近い場所で

ペガサスvs海馬の試合を観戦していたのだ

●キースさん意外と近い場所にいる

せまい場所であるならば仕方ないのだが
ペガサスの城は広く、基本的に他の場所でも試合を観戦できる

キースさんはあれだけの事をしたのに、仲良く観戦している風を
だせるなと思いました。

~海馬君の圧倒的プレイングミス~

海馬はウィルスカードのコンボを跳ね返され攻撃力1500以上の
しもべは全て消滅してしまった

そこで死者蘇生を使用してサギーを特殊召喚したのだが
これは圧倒的なミスだった

デュエルの最中海馬はトゥーンブルーアイズ(元はブルーアイズ)を倒している
当然墓地に送られるのは普通のブルーアイズだ

なにもサギーを召喚せずとも、ブルーアイズを特殊召還すれば
よかったのだ

※ウィルスカードはあくまでもデッキと手札の攻撃力1500以上の
モンスターを破壊するカード

テキストにはそのようにかかれている
特殊召喚したモンスターが1500以上でも特に問題はないはずなのだ

それなのに魂のカード ブルーアイズを忘れてサギーを出すとか
勘違いもはなはだしい

海馬は自分が使っているカードの効果を把握できてない説もでてきたのだ