遊戯王GX 十代vs翔

廃止されていた特待生寮で勝手にデュエルをしていた
十代は、退学の危機にさらされた

学校側が言うには立ち入り禁止区域に入ったので
十代と翔を退学にするという話だったが

たったそれだけの事で退学とは
デュエルアカデミアひどすぎると思う

※遊戯王GX 07話感想

スポンサーリンク

■遊戯王GX 十代vs翔

退学を回避するためには、学校側が用意しているタッグデュエル専門
プレイヤーと闘い勝利しなくてはいけない

十代のみならず翔も退学の危機なので、十代と翔
二人がコンビを組んでデュエルすることになる

お互いのデッキがわからなければ、戦術のたてようがないので
十代と翔はデュエルをしてみることにする

~十代vs翔~

翔は機械族のロイドデッキを使う
パトロイドは攻撃力は低いが、相手の伏せカードを1枚確認する効果がある

現在十代の場にはフェザーマンと伏せカード1枚
ここは効果を使うべきだったが

十代のモンスターを倒し、自分が十代のアニキになろうと意気込んでいる翔は
無思慮に攻撃をしかけてしまった

これに対し、十代はパトロイドの効果をつかえよ
そうすりゃ、オレの戦術がちゃんとわかったし、対策できたんだぜ

みたいに言い出したが

伏せカードは攻撃の無力化だったので、どっちにしろ
攻撃するしか方法はなかった

というより、お得意のフェザーマンを守るために
いきなり攻撃の無力化を使うほうがいただけない

十代のデッキはいつでも手札融合できるようなデッキなので
ここは攻撃の無力化を温存して

必要になったら戦士の生還でフェザーマンを手札に加えて
融合素材にすればいいのだ

十代の方がいまいちなプレイングをしているように思える

~パワーボンドというGX屈指のパワーカード~

翔はカイザーの弟であり、兄も使っているパワーボンドをデッキにいれている

パワーボンドは機械族の融合モンスターを融合召喚扱いで特殊召喚し
攻撃力を2倍にするカード、ただし
そのデメリットにより、ターン終了時に

融合召喚したモンスターの元々の攻撃力分のダメージを受けてしまう

○翔の過去

翔は過去にジャイアンみたいないじめっことデュエルをしていた
※なぜか翔の服装はデフォルトなのび太カラーだった

当時のデュエルでも手札にパワーボンドがあり
スチームジャイロイドを特殊召喚すれば、攻撃力4400のモンスターとなる

このままいけば、相手のギアフリードを倒して翔の勝利だったと
思われたが、なぜかカイザーが途中で乱入してデュエルを中止にした

※対戦相手には魔導戦士ブレイカーのカードを渡し、お帰り願った

カイザーさんが言うには

「翔、お前がそのカードを使うのはまだ早い」

「相手の場には六ぼう星の呪縛のカードがあった
これで攻撃を封じられたら、ターン終了時にスチームジャイロイドの攻撃力2200
ポイント分のダメージを受け、お前は敗北していたのだ」

という話だが
なぜカイザーさんが対戦相手の伏せカードを知っているのか疑問だし
どういう理由で翔がパワーボンドを使うには早いのかもわからない

※この時、翔は兄のいいつけを守り、5,6年もの間
パワーボンドを使えなくなってしまった

というより、兄との約束で使えないカードをデッキにいれておくのは
ものすごいマイナスにしか思えない

そんな不利な状態で入試デュエルに勝利できた翔って
もしかしてすごいのでは?そう思えてくる

十代との試合でもスチームジャイロイドを手札のパワーボンドで
特殊召喚せず、普通に融合召喚でだした

十代は、デュエル終了後にパワーボンドあるじゃねぇか?
これを使ってスチジャイ出せば、攻撃力4400

お前の有利だったぞ
みたいに言ったが、一概にそうともいえなかった

場の状況としては翔がライフポイント2600
十代がライフポイント4000

場には攻撃表示のフェザーマンがいたから
仮にパワーボンドでスチジャイを出しても十代のライフは削りきれない

それどころかターン終了時にライフポイント2200のマイナスを受け
残り400になってしまう。そうなったら
ちょっと削られるだけでライフポイントは0になるし

そもそも元々の攻撃力がサンダージャイアントより低いのだから
十代のサンジャイの効果でやられてしまうのだ

あの状況ではパワーボンドは決して有利なカードではなかった

十代はその場のノリでアドバイスしているようにしか見えない
冷静に考えれば、あの場面は普通に融合だったのだ

その後普通にサンジャイでスチジャイを撃破
バーストレディのダイレクトアタックで十代の勝利に終わった

お互いのデッキを知り合った二人は
コンビを組み、次回 退学を賭けたタッグデュエルを行うことになる