遊戯王GX 十代vsカイザー亮 サイバードラゴン初登場

十代は学園NO1デュエリスト
カイザー亮とデュエルする事になる

※遊戯王GX 第08話感想

スポンサーリンク

■遊戯王GX 十代vsカイザー亮 サイバードラゴン初登場

弟分の翔の兄が学園トップのデュエリスト カイザーと呼ばれている男
丸藤亮である事を知った十代は

デュエル許可願いを出して、カイザーとデュエルしようとします

※今までさんざん好きなときにデュエルしてきたのに
相手が先輩だから一応正式に申し込もうとしたのでしょうか?

考えてみたら今までの対戦相手は全員同学年だったんですよね
第07話までの時点で

クロノス先生は十代にデュエルで敗北したのに
丸藤亮は学園NO1デュエリスト、そんな男と対戦するのは
100万年早いといいすてます

※その理屈だとクロノス先生は100万年たってもカイザー亮と
デュエルすることができません

教員なのに生徒にデュエルを教えられない男 それがクロノスだ

十代はブルー寮に乗り込むのですが、ブルーの生徒は
お前ごときドロップアウトボーイがカイザーとデュエルしようだなんて
身の程をしれと言い捨てます

※ちなみに同じブルー寮の1年生の成績優秀組とされる
万丈目さんが十代に敗北しています

その理屈だと同じ寮にすんでいる万丈目さんでも
カイザーとデュエルできないことになりますね

十代は今までかなりの実績を残しており、ラーイエローへの昇格権まで
得ているというのにこの扱い

デュエルアカデミアの生徒や教員は十代に恨みでもあるのでしょうか?

~カイザーvs十代 サイバードラゴン登場~

あすかはカイザーと知り合いでおり
十代があなたと戦いたがっていると教えてくれたので

カイザーは十代とデュエルすることになる

この話で、リアルデュエル界をかえたとされる超有名カード
サイバードラゴンが登場する

アニメ版のサイバードラゴンは
相手の場にモンスターがいて、自分の場にモンスターがいないときに
手札から通常召喚できる

※OCGでは特殊召喚できるが、アニメの最初は通常召喚扱いだった

攻撃力2100で、大抵の4つ星モンスターを倒すことができる
優秀なカードだ

カイザーはリスペクトデュエルを心がけており
相手のいいところを引きだし、相手に全力をださせ

自分もそれに答えて、相手を粉砕するというデュエルだ

※相手をリスペクトすると言っておきながら、サイクロンという
面白みもないガチカードを使ってくる男ではありますけどね

~カイザーともあろうものが、圧倒的プレイングミス~

言うまでもないですが、相手の場に伏せカードとリバースモンスターがいる場合

手札にサイクロンがあるなら、まずそれを使ってから
モンスターを召喚するのがセオリーな戦術といえる

状況確認

十代 伏せカード1枚 リバースモンスター1体
亮  フィールドにカード無し 手札にサイバードラゴンとサイクロンあり

この状況ならどう考えてもまずサイクロン
をうってからなのだ

それなのに、サイバードラゴンをだしてからサイクロンをするとは
基本プレイングがなってないといえる

十代のリバースカードが奈落の落とし穴や激流のような
召喚反応系トラップカードであった場合
普通にやられてしまっていたのだ

この程度の男が学園NO1デュエリスト・・・?みたいな流れになってしまった

~サイバーエンドドラゴン 攻撃力8000~

カイザーのエースモンスターはパワーボンドを使った時に
登場する、サイバーエンドドラゴン 攻撃力8000である

サイバーエンドには貫通効果があり
相手モンスターの守備力をサイバーエンドの攻撃力が上回っていた場合
貫通ダメージをあたえる

ライフポイント4000ルールなのだからこんなモンスターの攻撃を通したら
一撃で勝負がついてしまう

明らかにカイザーの強さはオーバースペックである

現在、十代のフィールドにはブルーアイズの攻撃をもたえられる
融合モンスター マッドボールマン(守備力3000)がいる
これほどのモンスターを倒された挙句

一撃で勝負がついてしまっては、リスペクトもなにもないな
という風に思わざるを得ない

そもそも、サイバーエンドの前に、カイザーは
サイバーツインドラゴンも特殊召喚している

サイバーツインは攻撃力2800の2回攻撃をするふざけたカード
仮に十代のフィールドにお得意のフェザーマンが攻撃表示でいたばあいでも
一撃で勝負がついてしまう

※仮にスパークマン 攻撃力1600がいても同じことである

結局、翔がパワーボンドを使ってはいけない理由は
相手をリスペクトする心がたりてないから というよくわからない結論で終わるし

カイザーとは何だったのか?そう言わざるを得ない

当の十代はこのデュエルに満足しているようで

おもしれぇ、おもしれぇよこのデュエル カイザー!!
みたいなノリで大層ご機嫌だった

【同一カテゴリの記事はこちら】

前の記事>> → 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする