テニプリ 乾さん、海堂とペアを組む

レギュラーに復帰した乾さんは海堂とペアを組み
関東大会を戦うことに決定した

スポンサーリンク

■テニプリ 乾さん、海堂とペアを組む

海堂はこっそりとなぜか河川下でブーメランスネイクの練習をしていた

手首のスナップだけで、水分を含んだ
かわむらすしの手ぬぐいを振りぬくことができれば
ブーメランスネイク完成に近づくらしく

乾がブーメランのアドバイスをしていた
実践で使って初めてブーメランスネイクは完成する

シングルスではあまり出番がないであろう海堂を勧誘し
乾はダブルスを組むことを決めます

※シングルスには不二、手塚、越前がおるし
この3人はダブルスいまいちだから
必然的に海堂の出番はダブルスということになる

●海堂とペアを組むことになった乾

~vs氷帝ゴールデンペア~

関東大会初戦、鳳、宍戸ペアと対戦することになった乾・海堂
立海といえば、重りをつけたリストバンドをつけて
青春学園と戦うというナメプを披露したが

乾もまけじとリストバンドに重りをつけて
ナメプをしていた

重りをつけた時点でも高速サーブレベルという話だったので
重りを外した乾のサーブは超高速サーブという領域にたどりついていた

※青春学園のモブは手塚に対してはファントムっていう厨二病くさい
名前を付けていたのだが

なぜか乾に対しては超高速サーブという特になにもない
通常テニス的な技名をつけていた

●鉛のいたをつけて試合に臨む男 乾

乾の超高速サーブは、鳳のスカッドサーブに近いレベルがあるようで
鳳でも返すのがやっとというレベルだった

だが返してさえくれれば
どんなボールも拾いまくる設定がある
宍戸が何とかしてくれる

超高速サーブは返すのがやっとという割には
5-0で圧倒的に氷帝学園がリードする

だが、乾は試合中にデータを取っており
データが集まったので反撃返し

ストレートの確率は100%でボール3個分届かないらしく
いっきに3ゲームを連取した

※ちなみに乾さんは手塚との対戦でデータは集まったといっているが
普通に6-3で敗北という事になっているので

データが集まっても勝利確定ではありません

決まる確率100%のストレートボールを5.3ミリほど外してしまい
試合には敗北してしまった。

●審判に自己申告する乾

5.3ミリなんて普通のテニスなら気づかないと思うが
今やっているのはテニスの王子様である

テニプリの審判って土煙がでまくっていて、何がおこっているのか
ぜんぜんわかんねぇー試合でも

ゲームカウントを数えることができるので

5.3ミリも気づかないような凡人にテニプリの審判ができるのか
不安になる

※テニプリの審判は何がおこってもゆるぎない不動の精神と
見えないボールを見るぐらいの圧倒的目が必要

結局試合のほうは青春学園の負けとなる
乾は手塚相手に3ゲーム獲るほどの実力者だったのに
いきなり負けてしまった

宍戸・鳳ペアの株は上がったが、同時に手塚の株も
下がってしまったことを忘れてはいけない