テニプリ 桃城vs聖ルドルフペア

桃城はダブルスが苦手という設定ではあるが
vs聖ルドルフ戦、海堂とペアを組んで
勝負をすることになった

スポンサーリンク

■テニプリ 桃城vs聖ルドルフペア

初期のころは海堂と桃城は相当険悪で
これから一緒に試合をするというのに

喧嘩を始めてしまった

●つっかかってくるんじゃねぇ 放せよ マムシ

ちなみにこの試合を観戦していた観月君は

この二人のダブルスが来るとは思ってなかった
 意外性をねらったってわけだ」と

参謀キャラとは思えない失態をおかしている

では彼は、誰と戦った場合、柳沢と淳のペアが
2ゲーム取られると思ったのだろうか?

ダブルス1は大石、菊丸で固定されているので
ダブルス2の選手は不二・河村という謎のダブルスがメインとなる

初期の河村はまだしも、天才不二を相手に2ゲーム以内に
おさえられると本気で思っていたのだろうか?

※山吹のダブルスは不二・河村を6-3で破っているが
あちらはダブルスの名手という設定

柳沢、木更津は固定ペアというわけではなかったはずです

~久しぶりの試合で気合が入る桃城~

桃城は地区大会決勝戦ではぶられてしまったので
都大会では気合十分

いきなりお得意の 弾丸サーブを披露した

リーチがながい海堂はポーチに出るのが上手く
大抵のボールを返せる

あせって相手がロブをうった場合
桃城のダンクスマッシュが飛んでくる

●ダンクスマッシュ

最初は桃城・海堂ペアは不二・河村ペアよりも弱いと思っていたが
思いのほかたたかえてるので不思議となる

というより桃城は地区大会vs玉林中戦の時

もう2度とダブルスはやらない みたいに言っていたのに
なぜこんなに気合が入っているのだろうか?

※そんなに仲が悪くない越前とのダブルスでさえいまいちだったんだから

海堂と組んだときなんて
もっとうまくいきそうにないと思うんですけど・・・

試合を観戦していた神尾は桃城とマムシが組んでいるので
ダメダと言い放っていたことも忘れてはいけない

現在40分以上が経過して3-2で聖ルドルフがリード
このまま観月君の予想通りになると思われたが

海堂がブーメランスネイクをまぐれで決め、テンションがあがりはじめ
試合の中で桃城は進化していった

暴れたんねぇな 暴れ足りねぇよ!!

もっと暴れたい桃城は相手のロブショットにタイミングよくジャンプして
ダンクスマッシュ 柳沢ことあひるにヒットしたので

桃城・海堂ペアは相手の棄権により勝利をもぎとった

※初期の桃城のダンクスマッシュは波動球クラスの威力があると
橘さんはいっていたが

石田の波動球はダッシュ波動球の半分の威力しかなく
銀師範の1式波動球のほうがよっぽど上の威力となっているので

たかだかこの程度の攻撃でダウンする柳沢は
全国どころか関東でも戦えないことになる

●リタイアした柳沢

柳沢をノックアウトして暴れ満足したかのように見えた桃城だが
まだ暴れ足りないらしく、柳沢の復帰を懇願していた