テニプリ 桃城vs千石

東京都大会、決勝戦
桃城vs千石がはじまる

スポンサーリンク

■テニプリ 桃城vs千石

千石はくじ引きでチームメンバーに勝利して
シングルス3を勝ち取った

シングルス3になれば、うわさの青学ルーキー越前と
戦えると思っていたからだ

だがやってきたのは桃城だったので

残念 越前君じゃないんだよね」といいはなった

これは桃城が雑魚みたいな扱いになってしまう

玉林中ペアも少しいらつく奴らだったが
そこの所は我慢できた桃城でも

さすがにこれは睨みをきかせて、千石を威嚇した

※桃城はここまで重要試合では補欠かダブルス2だったので
公式戦では初シングルスとなる

むしろ、青春学園は千石がS3で来ることをよんでいたのに
手塚ではなく桃城をだした

むしろ、千石のほうが雑魚みたいな扱い
そう言っていいのではないだろうか?

サーブ権をとれていたのに、なぜかコート側を選択した千石

桃城はいきなり弾丸サーブでせめます

●いつもの弾丸サーブ

弾丸サーブは桃城が何度も発動しているので
もはや桃城のレギュラー技といってもいいのだが

テニプリ読者では、桃城の弾丸サーブをおぼえているものは少ない

河村君もバーニングとわめくだけのサーブがあるので
弾丸サーブも特に何もないサーブだと思われているのだろう

知名度ではツイストサーブに大きく遅れをとっている

~千石 ナメプをしてくる~

実は千石は試合の序盤、練習用ラケットをつかっていて
普通に桃城にせめこまれてしまった

むしろここまでの全試合、練習用ラケットで勝負していたということなのだろう
※練習用ラケットはガットが緩くてスピードが出ない

試合序盤でも桃城をあなどっていたし
もしこれで負けるようならばお笑いどころの騒ぎではない

お笑いフラグをたてまくる千石は
ジャンピングサーブを披露

このサーブは虎砲という名前がついている

●虎砲を使う千石

ジャンピングサーブはタニシ君が最初にやったと思われがちだが
千石のサーブもジャンピングサーブだったのだ

この虎砲をうけつづけ、桃城は足が痙攣してきた
つまりそれだけ強い攻撃だったのだ

~千石の動体視力設定~

千石は菊丸や越前よりも動体視力が高く
桃城のスピードボールもコマ送りで見えている

完璧にとらえてコントロールがでてきていた

現時点では千石のほうが桃城よりかなり上
シングルスなら負ける要素はない というような状況だ

ところが桃城がブラックジャックナイフという新技を披露したら
ラケットをはじきとばされポイントを取られてしまった

●相手は足を痙攣しているのに この体たらく

千石本人は

「あんなやつみたことないぜ 左足をケイレンしておいて
 逆に強くなるなんてな」と語っていたが

足がケイレンして強くなるスポーツ選手なんているわけがない

これはもう千石がかませだった
そういってもいいのだろう

完全にただの負け惜しみである

元ジュニア選抜で手塚クラスという設定だったが
ここまでシングルス補欠の桃城(しかも左足ケイレン)に敗北したため

千石は橘に匹敵するほどのカマセに成り下がってしまった

この敗北はあまりにもなさけなかったためか
顧問のおじいちゃんからも

さすが我が校のエースですね・・・
相手は左足ケイレンかぁ・・・と言われてしまう