テニプリ 桃城・菊丸のペアvs忍足・向日ペア

桃城は氷帝の天才とお笑い芸人向日のペアと
戦うことになった

スポンサーリンク

■テニプリ 桃城・菊丸のペアvs忍足・向日ペア

恒例の勝つんは氷帝!負けるの青学の掛け声を決め
都大会ではまったく出番がなかった 忍足・向日ペアがやってきた

桃城は以前、自分がレギュラーだったころ
オレはレギュラーだ!!みたいな感じで忍足に自己紹介していたので

現在補欠であることを知られるとバツが悪かった

大石が怪我をしたため、繰りあがり的に試合出場が決まったので
とりあえず、忍足に対して面目がたった

~向日先輩の ムーンサルトという大技~

向日君はやたらテニスとは思えない動きをしていて
相手のボールを返すために

わざわざムーンサルトを使ってくる男である

●でたぁー 向日先輩のムーンサルト!!

このポージングはテニスの動きを考えると無駄だらけであるが
なぜこんな無駄な動きをしているのかは
謎につつまれている

人間は跳躍するのにもエネルギーを使う
無駄な動きと無駄に高いジャンプは体力消耗に繋がる

しかも、これだけ高くジャンプしてしまうと
次の動作にすぐにうつれない

※基本人間は空中では身動きできない生き物だからだ
今のテニプリだとガチで空を飛んでいるやつ等がいるので

新テニだと無駄な動きこそが最強 という面もあるかもしれませんけどね

関東大会ではテニプリプレイヤーの実力に制限がかかっているためか
向日は無意味なジャンプをして菊丸にボールを返されてしまう

逆に忍足は冷静そのもので
桃城のダンクスマッシュはスマッシュカウンター技のヒグマ落としで返すし

桃城の動きを見切って、絶妙な位置にドロップショットを放つし
実にお手本のテニスを見せ付けてくる

4-0と追い込まれた青春学園は
雰囲気だけはすごい技 オーストラリアンフォーメーション!?を使う

とりあえず大石のテリトリーはあえて菊丸を分身させ後ろにすえる
大石が前衛で構える という事はテニプリ読者であれば覚えているが

オーストラリアンフォーメーションは何だったのかを
覚えているテニプリストは少ない

むしろオーストラリアンは難しいから熟練のダブルスでなくては
対応できないという話だったはず

それなのになぜ、桃と菊はこのフォーメーションを使うことができたのか
謎につつまれている

そしてちゃっかり菊丸は大石の技ムーンボレーも使用していた

●ムーンボレーの菊丸

跡部様は

「ミロ やつらは二人じゃねぇ
3人でダブルスをやってやがる

みたいに言っていたので、大石の何かが菊丸にのりうつって
ムーンボレーを打たせたみたいなイメージになった

その後氷帝の忍足はギャグキャラの向日とは違う
やつはゲームを知っている!!みたいなイベントが発動したが

桃城のフェイク
(ダンクスマッシュをうつとみせかけてスルー
菊丸に打たせる)に引っかかり6-4で青春学園の急造ペアに負けてしまった

向日君は

悪いねオレ達はダブルス専門なんだ
みたいに言ってたのに、ダブルスが苦手である桃城に負けてしまったのだ

忍足にいたっては天才とまで言われたのに
なにが天才なのか わからないまま終わってしまった

彼のピークは不二君もできるひぐま落しを決めたところだった

●天才はカウンターテニスを使うという設定があるのだろうか?